CD 輸入盤

Chicago 30

Chicago (シカゴ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8122.73362
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Bill Champlin(Guitar),  Bill Champlin(Keyboards),  Bill Champlin(Piano),  Bill Champlin(Vocals),  Dan Huff(Guitar),  Dean DeLeo(Guitar),  Gary LeVox(Vocals),  James Matchack(Keyboards),  James Pankow(Trombone),  Jason Scheff(Bass),  Jason Scheff(Vocals),  Jay DeMarcus(Guitar),  Jay DeMarcus(Keyboards),  Jay DeMarcus(Piano),  Jay DeMarcus(Vocals),  Joe Don Rooney(Vocals),  John Brockman(Drums),  Keith Howland(Guitar),  Keith Howland(Guitar),  Lee Loughnane(Trumpet),  Lee Thornberg(Trumpet),  Robert Lamm(Keyboards),  Robert Lamm(Piano),  Robert Lamm(Vocals),  Shelly Fairchild(Vocals),  Steve Brewster(Drums),  Tom Bukovac(Guitar (Acoustic)),  Tom Bukovac(Guitar (Electric)),  Tris Imboden(Drums),  Walter Parazaider(Flute),  Walter Parazaider(Saxophone),  Yankton Mingua(Guitar),  Bill Champlin(Fender Rhodes),  Bill Champlin(Organ (Hammond)),  Bobby Kimball(Vocals (Background)),  Jason Scheff(Bass (Electric)),  Joseph "Gospel Joe" Williams(Vocals (Background)),  Keith Howland(Vocals (Background)),  Lee Loughnane(Flugelhorn),  Robert Lamm(Organ (Hammond)),  Walter Parazaider(Woodwind),  James Matchack(Sequencing),  Lee Loughnane(Piccolo Trumpet),  Robert Lamm(Wurlitzer),  Ben Fowler(Engineer),  Chas Sandford(Engineer),  James Matchack(Arranger),  James Matchack(Engineer),  Jay DeMarcus(Arranger),  Jay DeMarcus(Engineer),  Jay DeMarcus(Producer),  Jeff Balding(Engineer),  Sean Neff(Engineer),  Aaron Walk(Assistant Engineer),  Bill Champlin(Composer),  Bill Champlin(Group Member),  Bill Champlin(Vocal Arrangement),  Blair Daly(Composer),  Bob Ludwig(Mastering),  Brett James(Composer),  Chas Sandford(Composer),  Danny Orton(Composer),  David Fricks(Assistant Engineer),  Dennis Matkosky(Composer),  George Hawkins Jr.(Composer),  Greg Barnhill(Composer),  Hugh Brown(Design),  Hugh Brown(Photography),  James Matchack(Mixing),  James Pankow(Group Member),  James Pankow(Horn Arrangements),  Jason Scheff(Composer),  Jason Scheff(Group Member),  Jason Scheff(Vocal Arrangement),  Jay DeMarcus(Composer),  Jay DeMarcus(Programming),  Jay Goin(Assistant Engineer),  Jed Hackett(Assistant Engineer),  Jed Hackett(Mixing Assistant),  Jeff Balding(Mixing),  Jimmy Katz(Photography),  Jody Sappington(Assistant Engineer),  Keith Howland(Group Member),  Lee Loughnane(Group Member),  Marcus Hummon(Composer),  Mike "Frog" Griffith(Production Coordination),  Robert Lamm(Composer),  Robert Lamm(Group Member),  Robert Lamm(Horn Arrangements),  Tris Imboden(Group Member),  Walter Parazaider(Group Member),  Andy Strauss(Design Assistant),  James Matchack(Digital Editing),  Jed Hackett(Digital Editing),  Sean Neff(Digital Editing),  Andy Strauss(Photo Assistance),  James Matchack(Loop Programming),  Jay DeMarcus(Audio Production)

商品説明

大ヒット曲“長い夜”から35年、これまでのレコード&CDの総売上が全世界で122,000,000枚(!)を突破しているという世界に名立たるグループ、Chicagoが 『Chicago 21』以来の新作『Chicago Xxx』をリリースすることが決定いたしました!近年は企画アルバムやベストなどのリリースが中心となっていたため、全くのオリジナル・アルバムとしては実に15年振りとなる本作。レコーディングはナッシュビルやロサンジェルスなどで今年初頭に行われ、若手カントリー・バンド、Rascal FlattsのメンバーであるJay DeMarcusをプロデューサーに迎えて制作されました。

収録曲   

  • 01. Feel [Hot Single Mix] (04:01)
  • 02. King of Might Have Been (03:52)
  • 03. Caroline (03:39)
  • 04. Why Can't We (04:07)
  • 05. Love Will Come Back (03:48)
  • 06. Long Lost Friend (04:33)
  • 07. 90 Degrees and Freezing (03:52)
  • 08. Where Were You (04:17)
  • 09. Already Gone (06:51)
  • 10. Come to Me, Do (04:36)
  • 11. Lovin' Chains (03:56)
  • 12. Better (04:41)
  • 13. Feel [Horn Section] (04:30)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
プラスロックの面影は余り無くなってしまったが...

投稿日:2006/10/02 (月)

プラスロックの面影は余り無くなってしまったが、新たなシカゴて事で歓迎しましょう。チャートでもわけ分からん輩が多いと淋しいし、知った名前があるとおじさんは嬉しいな!

21ヒッピーズ さん | 福島県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
やっと出ましたね! ここ数年はコンピレー...

投稿日:2006/04/15 (土)

やっと出ましたね! ここ数年はコンピレーションアルバムばかりで、オリジナルの新作がリリースされるまで何年待たされたことか。個人的には歯切れのよいロバート作曲の曲&ボーカルが少ないが少々残念。でも全体的には洗練された感じで良い作品に仕上がっていると思います。

どうするアイフル!! さん | japan | 不明

0
★
★
★
★
★
初期のシカゴが好きな人には、ちょっともの...

投稿日:2006/04/06 (木)

初期のシカゴが好きな人には、ちょっともの足りない気もしますが・・・今風のシカゴ音が聞けるといった感じ!シカゴの売りとも言えるホーンセッションが少なくてかなり残念です。でも1度聞くと頭から離れないようなキャッチーな曲を数々送り出してくれてるジェイスン・シェフに拍手ですね!

WP さん | japan | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Chicago

30年以上のキャリアを誇るものの、人気の並が激しく、過去何回もの危機を乗り越えて活動を展開してきたシカゴ。当初は硬派なブラス・ロックと呼ばれ、のちにミドル・オブ・ザ・ロードなバラードなどを得意とするポップ・バンドとしても成功を収めた彼らの軌跡は、ショウビズ界の荒波を潜り抜けて創作を続けることの困難さを、身を持って示してくれている。

プロフィール詳細へ

Chicagoに関連する商品・チケット情報

  • シカゴ『CHICAGO II』が最新ステレオ・リミックスで登場 1970年代、全米チャートを制覇しつづけた大傑作がスティーヴン・ウィルソンによるニュー・ステレオ・ミックスで、これまでにないクリアな音像と、迫力、そして詳細な表現で蘇る! ローチケHMV|2016年12月19日(月)
  • シカゴ名盤を9枚組ブルーレイ・オーディオ・ボックスで シカゴの名盤群の最新リマスター&ハイレゾ音源を4chステレオミックスと通常ステレオミックスで収録のブルーレイ・オーディオ・ボックスが登場。 ローチケHMV|2016年8月12日(金)
  • シカゴ、究極のラヴソング・コレクション、再登場 今年ロックの殿堂入りも決定した伝説のバンドシカゴのラヴソング集登場。「素直になれなくて」「愛ある別れ」「君こそすべて」など全米No.1ヒット5曲収録という充実の内容。 ローチケHMV|2016年1月20日(水)
  • シカゴ初期、1969年のライブ シカゴがシカゴ・トランジット・オーソリティというグループ名だった1969年にテキサス・ルイスヴィルで開催されたポップフェスティヴァルでのライブを収録したCDリリース。 ローチケHMV|2015年11月17日(火)
  • シカゴ、1983年シカゴでのライブ! 「素直になれなくて」が大ヒット、そしてアルバム『16』リリース後の1983年にシカゴで行われたライブ。収録曲は「愛ある別れ」「25 or 6 to 4」そして「素直になれなくて」も収録。 ローチケHMV|2015年7月30日(木)
  • シカゴ、1977年ライブ! 事故で亡くなるオリジナル・ギタリストのテリー・キャスが参加した最後の公演となったステージを収録したライブ盤登場!ラジオ放送用にレコーディングした音源を使用した2枚組CD。 ローチケHMV|2015年7月9日(木)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品