CD 輸入盤

Absence Without Love / On & On

Carl Anderson (カール アンダーソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EXP2CD04
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

86年にテレビドラマの主題歌となったグロリア・ローリングとのデュエット「Friends and Lovers」の大ヒットや、90年代にはフュージョン系レーベルGRPから発表した「Pieces of a Heart(邦題:心のかけら)」が日本のCMで使用されたり、ウェザー・リポートをはじめ、数々のセッションにも参加するなど、アーバン〜フュージョン・ファンから高い人気を誇る実力派シンガー、カール・アンダーソンの記念すべきデビュー作とセカンド・アルバムが2イン1で世界初CD化。ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター』のユダ役で名を轟かせ、1980年代に入りラーキン・アーノルドに認められエピック・レコードと契約。そのデビュー作が82年に発表された『ABSENCE WITH OUT LOVE』の(1)〜(8)。ティーナ・マリーが作編曲し、デュエットもしているファンク・ナンバー(1)、本領が発揮されるアーバンなミディアム・スロウ(2)、スティービー・ワンダー作の(5)、80sアーバン・ダンサー(7)など聴き所盛り沢山の快作。オリジナルLPは以外に珍しいので嬉しいCD化。シンガーとしてより成長を遂げたセカンド『ON & ON』は(9)〜(16)で84年作。NYサウンドにも通じるナイス・ダンサー(9)の冒頭から勢いがあるサウンドと歌を聴かせる充実した作品。後にハッシュよりデビューするヴァネッセ・トーマスとのデュエット(11)のアーバン・メロウ・ミディアム・スロウ、スティービー・カヴァー(16)など、彼のシンガーとしての力量を存分に味わえる作品ばかり。フュージョン界を中心に有名になった後期の印象とは少し違った、よりブラック・コンテンポラリー〜ソウル・シンガーとしての印象を与えてくれる歌声、そしてアーバンなサウンド。このリイシューにより、また新たな彼の魅力を発見されることを願いつつ。        
メーカー・インフォより                                    

収録曲   

-ABSENCE WITH OUT LOVE-

  • 01. A.W.O.L. feat. Teena Marie
  • 02. Going Out Again
  • 03. Amour
  • 04. Fooled Myself Again
  • 05. Buttercup
  • 06. C'es la Vie
  • 07. Got To Find A Way To Get To You
  • 08. Lose That Girl

-ON & ON-

  • 09. Don't Make Me Wait
  • 10. Magic
  • 11. It's The Love feat. Vaneese Thomas
  • 12. Try
  • 13. Keep It Alive
  • 14. On & On
  • 15. Time To Win
  • 16. Lately

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ん〜・・・若いなぁ、というのが第一印象。...

投稿日:2016/04/21 (木)

ん〜・・・若いなぁ、というのが第一印象。当時流行ってたいろんなことをやりたいのはわかるんだけど、まとまりがない。上手いんだけど、若さゆえの雑さが目立ち、歌いこなせてない感じがします。じっくり聞き込むというよりはBGMで流すにはちょうどいいかな。あと前半の「ABSENCE WITH OUT LOVE」はいい音質ですが、後半の「ON&ON」は全体的に籠った感じで音は良くないです。

F さん | 東京都 | 不明

0

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品