CD 輸入盤

Sufficiently Breathless -Remaster

Captain Beyond (キャプテンビヨンド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
558380
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1973
フォーマット
:
CD

商品説明

This remastered edition of the group's sophomore release from 1973 showcases brilliant performances from Lee Dorman (bass), Rod Evans (vocals), Rhino (guitar), Reese Wynans (keyboards), Guille Garcia (percussion) and Marty Rodriguez (drums). This LP marked the addition of Garcia and Rodriguez to the band, moving their sound in a Santana-esque musical direction.

収録曲   

  • 01. Sufficiently Breathless
  • 02. Bright, Blue Tango
  • 03. Drifting In Space
  • 04. Evil Men
  • 05. Starglow Energy
  • 06. Distant Sun
  • 07. Voyages Of Past Travelers
  • 08. Everything's A Circle

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
1曲目は南部風、2曲目からはサンタナ風の...

投稿日:2012/01/24 (火)

1曲目は南部風、2曲目からはサンタナ風のラテン・ロック・サウンドが続く。これではファーストの信奉者からは嫌われるでしょうな。 正ドラマーのボビー・コールドウェルがこの時期、リック・デリンジャーのファースト・ソロに参加していることや、このアルバムのツアーでは彼がドラムを叩いたとの情報から、おそらくセッション・ワークで忙しいコールドウェル不在の間に、マーティー・ロドリゲスらセッション・ミュージシャンをメンバー登録して、リー・ドーマン主導で(おそらく契約履行のため)作られたアルバムだろう。 私はファーストよりこっちが好きだなぁ。

eddie さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
☆
1stよりも軽いサウンドですね。スリリン...

投稿日:2008/09/08 (月)

1stよりも軽いサウンドですね。スリリングなギターソロはないし、組曲のように繋がって行く構成もないですが、何故かキャプテン・ビヨンドの音になってます。思ったほどアメリカ、アメリカして無いのがGOOD。我が家では、ドライブミュージックとしてヘビーローテーションですヨ。

キースの庭師 さん | 和光市 | 不明

0
★
★
★
★
☆
デビュー・アルバム、あのイメージを期待し...

投稿日:2005/11/02 (水)

デビュー・アルバム、あのイメージを期待して聞くとガックリさせられるかもしれません。1stがブリティッシュ系とすれば2ndはアメリカ系のサウンドです。なぜこんなにも同じバンドで音楽方向性が違うのか?ファーストはある意味でロッドがパープルのメンバーに「俺だって本気になりゃお前さん達がブッ飛ぶこんな音作れるんだ!」という復讐メッセージを託したアルバムではないでしょうか?でもロッドがパープルでやりたかった本当の音って実はこんなアメリカナイズされた音だったんじゃないかと勘ぐってしまう、そんなアルバムです!

虚無への供物 さん | 熊本市 | 不明

1

おすすめの商品