C-C-B

C-C-B プロフィール

C-C-B | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【ローチケHMV】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 本・雑誌・コミックは1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

C-C-B(シーシービー)は、1980年代に活躍した日本のロックバンド。結成当初の名称はCoconut Boys(ココナッツボーイズ)で、C-C-Bはその略称。1985年中頃からCoconut Boys名義は使用せず、C-C-Bで統一している。

経歴

結成前

  • 1977年、アマチュアバンドでベーシストとして活動をしていた渡辺に、同バンドのドラマーだった伊藤真視が田口を紹介。伊藤が脱退するにあたり、中学の後輩だった笠を後任のドラマーに推薦。以降、3人が顔を合わせる機会が増える。

結成以降の活動実績

  • 1982年(昭和57年)、青山に開局したミニFM局「KIDS RADIO STATION」(通称:KIDS)が、夏をイメージさせる新生バンドを、数組結成させ競わせるプロジェクトに、渡辺・笠・関口を含む5人がバンドを組み参加。その中の一つとして、グループ・サウンズの再来を思わせる「和製ビーチボーイズ」をコンセプトにメンバーが集められ、『Coconut Boys』結成。しかし、実はメンバー全員、それまでビーチボーイズの音楽を耳にしたことはあれど造詣が深いわけではなく、バンド名や音楽性などメンバーの趣味嗜好は反映されなかった。結成当初は5人(後にまで在籍したメンバーは渡辺、笠、関口。田口と米川は1984年に加入)で活動。
    同年、KIDS自主制作の企画カセットテープ『RASPBERRY AVENUE』に参加してマイナーデビュー(後述C-C-B#ディスコグラフィー項参照)。
  • 1983年(昭和58年)、シングル『Candy』でデビュー。全農ヨープレイトのCM曲に起用されるがヒットには至らなかった。
  • <…

    出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%