この商品の関連特集

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Amazing Bud Powell Vol.1

Bud Powell (バド・パウエル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCJ7011
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ブルーノートRVGコレクション バド・パウエルの頂点を記録した49年と51年のブルーノート・セッションをCD1枚に網羅。「バウンシング・ウィズ・バド」、「ウン・ポコ・ローコ」等、まさに究極の名演ぞろい。

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ウン・ポコ・ローコの3連発が出だしでないと、これ...

投稿日:2013/05/06 (月)

ウン・ポコ・ローコの3連発が出だしでないと、これを聴いた気がしない。 CD仕様の選曲なのか。ウン・ポコ・ローコ3連発を聴いてパウエルを嫌いになった人いるとか本で読んだことあるけど、自分はこのレコードのA面ばかり聴いていた。間違いなくRoost盤よりずっと聴いた。

聖オーガスティン さん | IRELAND | 不明

0
★
★
★
★
★
Charlie Parkerの音色は「小鳥の囀りのよう...

投稿日:2010/08/29 (日)

Charlie Parkerの音色は「小鳥の囀りのよう」と形容されるが、Bud Powellの演奏には、どんな形容をしても許される壮大さがある。後のBlue NoteやVerve録音、Steeple Chaseのライヴ録音なども、嗜好品として格別ではありますが、本作品「Un Poco Loco」を聴いてしまうと、若年期の感受性は一回性な輝きであることを、納得せざるを得ない。

salamat さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
 国内盤は、冒頭から「ウン・ポコ・ローコ」が3テ...

投稿日:2010/06/06 (日)

 国内盤は、冒頭から「ウン・ポコ・ローコ」が3テイク入っている。たぶん以前のアナログ盤がそうだったから、ということだろうが、よほどマニアでなければ3テイクもいらないと思う。輸入盤のようにラストに加えればいい。もっとも、PCやi-podで聴く人にはどうでもいいことだろうが。

ELSA さん | 熊本県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bud Powell

40年代から50年代初頭に掛けてのセッションを収録した作品はいづれもバドの“天才“が光輝く演奏だ。彼は多くのパウエル派を生んだが、ビル・エヴァンスがそうであったようにパウエルとパウエル派との間には大きな谷間が存在した。パウエルはジャズの歴史においてビバップ・イディオムの実践とインプロヴィゼイションにおけるオリジナリティとモダニティを一度に成し遂げた数少ない巨人の一人である。

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品