CD 輸入盤

Philharmonic Blues

Buck Clayton (バック クレイトン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
JHR73600
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Holland
オリジナル盤発売年
:
1999
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Buck Clayton(Trumpet),  Coleman Hawkins(Sax (Tenor)),  Curly Russell(Bass),  Flip Phillips(Sax (Tenor)),  J.C. Heard(Drums),  John Collins(Guitar),  Ken Kersey(Piano),  Lester Young(Sax (Tenor)),  Rodney Richardson(Bass),  Trummy Young(Trombone),  Willie Smith (Jazz)(Sax (Alto)),  George Gershwin(Composer),  Ira Gershwin(Composer),  Morgan Lewis(Composer),  Nancy Hamilton(Composer),  William Hogeland(Liner Notes)

商品説明

レスター、フィリップス、ホーキンスという豪華テナー陣をそろえた貴重な音源。JAZZHOURは不思議な音源を発掘するレーベルだが、本作はまさにスイング〜バップ時代の巨匠が一同に会した歴史的な瞬間をと捉えた作品。

Buck Clayton (tp)
John Collins (g)
Willie Smith (as)
Coleman Hawkins(ts)
Flip Phillips(ts)
Lester Young (ts)
Trummy Young (tb)
Ken Kersey (p)
J.C. Heard (ds)

Recorded in 1946 and 1947

収録曲   

  • 01. Philharmonic Blues (11:11)
  • 02. Oh, Lady Be Good (10:48)
  • 03. I Can't Get Started (09:05)
  • 04. Sweet Georgia Brown (07:49)
  • 05. Slow Drag (09:24)
  • 06. Blues (Pres) (02:16)
  • 07. I Got Rhythm (03:15)
  • 08. How High the Moon (10:13)
  • 09. Bell Boy Blues (06:15)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Buck Clayton

An excellent bandleader and accompanist for many vocalists, including Billie Holiday, Buck Clayton was a valued soloist with Count Basie Orchestra during the '30s and '40s, and later was a celebrated studio and jam session player, writer, and arranger. His tart, striking tone and melodic dexterity were his trademark, and Clayton provided several charts for Basie's orchestra and many other groups.

プロフィール詳細へ

トラディショナルスウィング に関連する商品情報

  • 発見!グレン・ミラーがヒップです! CD+DVDで甦る、生誕100年を迎えるジャズ・ジャイアンツたちを讃えた「The Centennial Collection」!いや、ほんとにかっこいいです! HMV&BOOKS online|2005年1月16日(日)

おすすめの商品