CD 輸入盤

Song Book

Booker Ervin (ブッカーアーヴィン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
779
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Canada
オリジナル盤発売年
:
1964
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Alan Dawson(Drums),  Booker Ervin(Sax (Tenor)),  Richard Davis(Bass),  Tommy Flanagan(Piano),  Don Schlitten(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Bert Shefter(Composer),  Dan Morgenstern(Liner Notes),  Don Schlitten(Cover Design),  Don Schlitten(Photography),  Maurice Ravel(Composer),  Mitchell Parish(Composer),  Peter DeRose(Composer),  Phil DeLancie(Remastering),  Phil DeLancie(Digital Remastering)

商品説明

The second in tenor saxophonist Booker Ervin's Book series, this CD reissue may seem a bit more conservative than the others due to the inclusion of six standards (including Come Sunday, All the Things You Are and Just Friends), but Ervin and his quartet (with pianist Tommy Flanagan, bassist Richard Davis and drummer Alan Dawson) come up with fresh interpretations of the warhorses. Booker Ervin never sounded like anyone else. ~ Scott Yanow, Rovi

収録曲   

  • 01. Lamp Is Low, The (07:16)
  • 02. Come Sunday (05:39)
  • 03. All The Things You Are (05:21)
  • 04. Just Friends (05:56)
  • 05. Yesterdays (07:44)
  • 06. Our Love Is Here To Stay (06:27)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ちょっとマニア向けの選択になりますが、な...

投稿日:2009/05/28 (木)

ちょっとマニア向けの選択になりますが、なかなか充実したアルバムです。荒々しく吹く、ぶっきらぼうなサックスが何ともいえない「切なさ・やるせなさ」に満ちた世界を表現します。スタンダードが多いのですが、特筆すべきは All The Things You Are 。名演の一つだと思います。

Hardbop-Gardener さん | 北海道 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Booker Ervin

A very distinctive tenor with a hard, passionate tone and an emotional style that was still tied to chordal improvisation, Booker Ervin was a true original. He was originally a trombonist, but taught himself tenor while in the Air Force (1950-1953). After studying music in Boston for two years, he made his recording debut with Ernie Fields' R&B band (1956). Ervin gained fame while playing with Cha

プロフィール詳細へ

Booker Ervinに関連する商品情報

  • アーヴィンの1964年の傑作「ザ・ソング・ブック」が高音質再発! アーヴィンの説明は不要ですが、グリフィンなどと人気を二分するテナー奏者。今作ではフラナガンがピアノを担当しており、非常に聴きやすい作風に。さらにあのトニー・ウィリアムを指導をしたドウソン先生がドラムを担当して煽りまくっております。 HMV&BOOKS online|2017年10月22日(日)

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品