地球で最後のふたり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784789722803
ISBN 10 : 4789722805
フォーマット
発行年月
2004年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,193p

商品説明

浅野忠信、ベネチア国際映画祭主演男優賞受賞作品を小説化。タイ文学界の新鋭が描く、ほのかでピュアーなラブストーリー!言葉をこえて、たしかにぼくらは愛をみつけた。

●プラープダー・ユン【著】 吉岡憲彦【訳】 サイズ13×19cm 196ページ

【あらすじ】
「この世から消えたい」と自殺を図る、バンコク在住の日本人青年ケンジ。彼の目の前で起きた交通事故で妹を失い、天涯孤独になったタイ人女性ノイ。孤独と寂しさを胸に秘めたふたりは、つたない会話を繰り返し、心を近づけていく……

内容詳細

「この世から消えたい」と自殺を図る、バンコク在住の日本人青年ケンジ。彼の目の前で起きた交通事故で妹を失い、天涯孤独になったタイ人女性ノイ。孤独と寂しさを胸に秘めたふたりは、つたない会話を繰り返し、心を心づけていく。タイ文学界の新鋭が描く、ほのかでピュアなラブストーリー。

【著者紹介】
プラープダー・ユン : 1973年、バンコク生まれ。中学卒業後に渡米、その後、NYでも屈指のアートスクールCooper Union for the Advancement of Science and Artsで美術を修める。卒業後、グラフィックデザイナーとして働き、98年にタイへ帰国。兵役を経て2000年に出版した2冊の短編小説がともにベストセラーを記録する。以後、作家、評論家、編集者、グラフィックデザイナー、イラストレーター、ペインター、フォトグラファー、脚本家、作詞家として、幅広く活躍。02年、『Probability』で、タイで最も権威ある〈東南アジア文学賞〉を受賞

吉岡憲彦 : 1974年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、国際交流基金に入社。1999年5月より2004年3月まで、国際交流基金バンコク日本文化センターに赴任し、所長補佐として働く。主に芸術交流を担当。現在、国際交流基金経理部で働く傍ら、翻訳家・ライターとしても活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Bookに関連する商品情報

  • 女優×写ルンです×写真家 発売から31年目を迎え、若者を中心にその人気が再燃している、富士フイルムのレンズ付フィルム「写ルンです」。今、第一線で活躍する9人の若手女優たちを、気鋭の写真家9人が「写ルンです」だけで撮り下ろし! HMV&BOOKS online|2017年9月29日(金)

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品