LPレコード 輸入盤

Vespertine (アナログレコード/5thアルバム)

Bjork (ビョーク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TPLP101
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2001
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤
クレジット
:

Guy Sigsworth(Celeste),  Guy Sigsworth(Clavichord),  Bjork(Music Box),  Bjork(Producer),  Thomas Knak(Producer),  Aaron Franz(Assistant Engineer),  Bjork(Programming),  Bjork(String Arrangements),  Damian Taylor(Programming),  Guy Sigsworth(Programming),  Matmos(Programming),  Matthew Herbert(Programming),  Rory(Assistant Engineer),  Thomas Knak(Programming),  Vince Mendoza(Orchestration),  マリウス・デブリーズ(Production Assistant),  Matt Fields(Assistant),  Stuart Green(Coordination),  Bjork(Harp Arrangement),  Bjork(Vocal Editing),  Damian Taylor(Beat Programming),  Guy Sigsworth(Beat Programming),  Guy Sigsworth(Choir Arrangement),  Isobel Griffiths(Orchestral Agent),  Jenny O'Grady(Choir Coordinator),  マリウス・デブリーズ(Beat Programming),  Matmos(Beat Programming),  Stuart Green(Choir Coordinator),  Vince Mendoza(Choir Arrangement)

商品説明

彼女の心の奥深い所にある、一種の「業」みたいのが、電子音やストリングスと共に流れ、聴き応え充分だった前作「HOMOGENIC」から、副業を挟んでの4作目。プログラミングにMATMOSやガイ・シグワース等の先鋭テクノ・アーティストを起用し、BJORKの、優しく肯定の力がゆったりとたたえられている声に、電子音による冷たい響きの音や重厚なストリングスによる悲壮感漂う音が、より効果的に作用したウルトラ傑作。バックの電子音も込みで音を一音一音確認しながら聴くと、更なる感動が沸き起こります。特に1stシングルのM1、3に耳を傾けてみて下さい。

収録曲   

  • 01. Hidden Place (05:28)
  • 02. Cocoon (04:28)
  • 03. It's Not up to You (05:08)
  • 04. Undo (05:38)
  • 05. Pagan Poetry (05:14)
  • 06. Frosti (01:41)
  • 07. Aurora (04:39)
  • 08. Echo, A Stain, An (04:04)
  • 09. Sun in My Mouth (02:40)
  • 10. Heirloom (05:12)
  • 11. Harm of Will (04:36)
  • 12. Unison (06:45)
  • 13. Generous Palmstroke - (Bonus Track)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
77
★
★
★
★
☆
 
15
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
本当に素晴らしい。これを聴くと、異次元に...

投稿日:2009/09/03 (木)

本当に素晴らしい。これを聴くと、異次元にワープした様な感覚に陥る。お勧め。

ぱくちー さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
'01年発表。思えば「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のサントラ...

投稿日:2009/05/05 (火)

'01年発表。思えば「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のサントラ盤が伏線だった。映画の内容ばかりが騒がれていたけれど、あのアルバムはオヴァルやキッド606といった当時のヨーロッパのエレクトロニカ系からの影響を強く受けた、明らかに次への予告編ともいえる作品。だから、この作品が、ストイックな電子音で彩られているらしいという話を聞いてもことさら驚くこともなかった。 しかし、こうして届いた音を聴いてみれば、やはりその構築力の素晴らしさに舌を巻く。そして、それ以上に制作メソッドを感じさせない美しさにも。電子音と聞いてピコピコした打ち込みの音を想像する方も多いだろうが、ここで聴けるのはまるで天国の風景を音で描いたような幽玄の世界。ただただ、美しく、気高い。先行シングルでもある@はイギリス人クリエイターのマシュー・ハーバートがリズムを、サンフランシスコの2人組マトモスがパルス・ノイズを手がけており、以降の曲はデンマークのクリエイター、オピエイトが素材提供をしているけれど、基本的なプロダクションはビョークとガイ・シグスワース。オヴァルのサンプリング使用も含め、その計算され尽くされたプロダクションは見事のひと言だ。けれど、ニューヨーク在住のジーナ・パーキンスによる瑞々しいハープ演奏と、特注で作らせたというオルゴールの音色、そしてビョークの浮世離れしたボーカルがこうした創作過程をバラバラにして昇華させてしまう。そして、本作がやはりどうしようもなくポップであることに、自分は泣くほど感動してしまうのだ。

GET READY さん | 不明

1
★
★
★
★
★
音楽史に名が残る傑作! ドビュッシーやラ...

投稿日:2008/07/10 (木)

音楽史に名が残る傑作! ドビュッシーやラヴェルが印象派を築き上げたけど、この作品はビョーク派と言っても過言ではない程クオリティが高い。油と水の関係でしかない電子音とストリングス、クワイアやハープにチェレスタを融合させたその世界観にただただ感動。おそらくこの作品の合唱隊はLiberaではないかと思う今日この頃。

CTR さん | 埼玉県川口市 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bjork

「エキセントリック」、だけど「キュート」で「ポップ」。新しい女性の理想像としてしばしば挙げられる事も多いビョークの歴史をざっくりと振り返る。

プロフィール詳細へ

Bjorkに関連する商品情報

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品