CD 輸入盤

Compression

Billy Sheehan (ビリーシーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2120
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2001
フォーマット
:
CD

商品説明

バカテク・ベース・プレイヤー、ビリー・シーンの初ソロ作。テリー・ボジオ、スティーヴ・ヴァイ参加...といって想像されるテクニカルな内容は実は控えめで、技巧よりも楽曲を際立たせる雰囲気、プレイに込められるエモーションを重視といった内容。Niacinファンも初期Mr. Bigファンもまとめてかかってきなさい!?

収録曲   

  • 01. Bleed Along the Way
  • 02. Oblivion
  • 03. Somethin's Gotta Give
  • 04. What Once Was...
  • 05. Chameleon
  • 06. Perfect Groove
  • 07. One Good Reason
  • 08. Three Days Blind
  • 09. Caroline
  • 10. All Mixed Up
  • 11. Feed Your Head

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アンタ最高だよ!

投稿日:2001/09/05 (水)

アンタ最高だよ!

ダルシム さん | カイロ | 不明

0
★
★
★
★
★
アンタ最高だよ!

投稿日:2001/09/05 (水)

アンタ最高だよ!

ダルシム さん | カイロ | 不明

0
★
★
★
★
☆
我が師の初ソロ作はテク控え目の聴かせる作り。S...

投稿日:2001/05/07 (月)

我が師の初ソロ作はテク控え目の聴かせる作り。S.VAIとのバトルも程良い感じ。歌メロに起伏がないのが難点。歌は 上手いのに・・・

でぶゾウ さん | 千葉市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Billy Sheehan

1953年3月19日、ニューヨーク州バッファロー生まれの超絶技巧ベーシスト。 1972年にトリオ編成のバンド、TALASを結成。この頃から既にその超絶テクニックが注目されており、いち早くその腕前に目を付けたマイケル・シェンカーから声をかけられMSGに加入するも、バンド内のゴタゴタによりデビュー前に脱退。

プロフィール詳細へ

おすすめの商品