CD 輸入盤

Compression

Billy Sheehan (ビリーシーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2120
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2001
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Billy Sheehan(Bass),  Billy Sheehan(Vocals),  Steve Vai(Guitar),  Terry Bozzio(Drums),  Billy Sheehan(Guitar (12 String Electric)),  Billy Sheehan(Guitar (Electric Baritone)),  Pat Regan(Producer),  Billy Sheehan(Drum Programming),  Brad Vance(Mastering),  John Harrell(Photography),  Michael Faley(Executive Producer),  Brian James(Layout Design)

商品説明

バカテク・ベース・プレイヤー、ビリー・シーンの初ソロ作。テリー・ボジオ、スティーヴ・ヴァイ参加...といって想像されるテクニカルな内容は実は控えめで、技巧よりも楽曲を際立たせる雰囲気、プレイに込められるエモーションを重視といった内容。Niacinファンも初期Mr. Bigファンもまとめてかかってきなさい!?

収録曲   

  • 01. Bleed Along the Way
  • 02. Oblivion
  • 03. Somethin's Gotta Give
  • 04. What Once Was...
  • 05. Chameleon
  • 06. Perfect Groove
  • 07. One Good Reason
  • 08. Three Days Blind
  • 09. Caroline
  • 10. All Mixed Up
  • 11. Feed Your Head

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アンタ最高だよ!

投稿日:2001/09/05 (水)

アンタ最高だよ!

ダルシム さん | カイロ | 不明

0
★
★
★
★
★
アンタ最高だよ!

投稿日:2001/09/05 (水)

アンタ最高だよ!

ダルシム さん | カイロ | 不明

0
★
★
★
★
☆
我が師の初ソロ作はテク控え目の聴かせる作り。S...

投稿日:2001/05/07 (月)

我が師の初ソロ作はテク控え目の聴かせる作り。S.VAIとのバトルも程良い感じ。歌メロに起伏がないのが難点。歌は 上手いのに・・・

でぶゾウ さん | 千葉市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Billy Sheehan

1953年3月19日、ニューヨーク州バッファロー生まれの超絶技巧ベーシスト。 1972年にトリオ編成のバンド、TALASを結成。この頃から既にその超絶テクニックが注目されており、いち早くその腕前に目を付けたマイケル・シェンカーから声をかけられMSGに加入するも、バンド内のゴタゴタによりデビュー前に脱退。

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品