CD

Back On The Scene

Bennie Green (ベニー・グリーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCJ9556
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Bennie Green(Trombone),  Charlie Rouse(Sax (Tenor)),  George Tucker(Bass),  Joe Knight(Piano),  Louis Hayes(Drums),  Alfred Lion(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Edward Heyman(Composer),  Francis Wolff(Cover Photo),  Johnny Green(Composer),  Leonard Feather(Liner Notes),  Reid Miles(Cover Design)

商品説明

チャーリー・ラウズの参加でアルバム全体が締まった感じの作品。今でいう癒しのトロンボーンともいっていい、ゆったりとしたフレーズ、急がない構成は、聞く者に安心感を与えてくれる。

内容詳細

1923年生まれのグリーンは、40年代にアール・ハインズやチャーリー・ヴェンチュラとの共演で知られるトロンボーン奏者。ブルーノート第1弾作品となる本作は、いわゆるハード・バップというより、ほのぼのとした雰囲気とブルージィな彼の魅力が満喫できる渋い一枚である。(後)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bennie Green

Bennie Green was one of the few trombonists of the 1950s who played in a style not influenced by J.J. Johnson (Bill Harris was another). His witty sound and full tone looked backwards to the swing era yet was open to the influence of R&B. After playing locally in Chicago, he was with the Earl Hines Orchestra during 1942-1948 (except for two years in the military). Green gained some fame for his wo

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品