CD 輸入盤

Fold Your Hands Child You Walklike A Peasant

Belle And Sebastian (ベル・アンド・セバスチャン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
JPR010
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Alistair Cooke(Percussion),  Alistair Cooke(Percussion),  Cheryl Crockett(Violin),  Dervilagh Cooper(Violin),  Francis MacDonald(Percussion),  Greg Lawson(Violin),  Jonny Quinn(Percussion),  Lorna Leitch(Violin),  Murray Ferguson(Violin),  Paul Fox(Flute),  Gary Grochla(Double Bass),  Helen McSherry(Cello),  Peter Nicholson(Cello),  Belle And Sebastian(Producer),  Ian Grier(Engineer),  Tony Doogan(Engineer),  Tony Doogan(Producer),  Willie Deans(Engineer),  Belle And Sebastian(Composer),  Laura Molloy(Illustrations)

商品説明

何というバンドなのだろう、ベルセバというバンドは。今は無きEnclaveというレーベルから出た『天使のため息(If You're Feeling Sinister』の儚さ、危ういバランスの上に立つ清楚な美といったものから、『Boy With The Arab Strap』のややガッチリしたストラクチャーと楽曲の多様性へ...といったサウンドの流れから、その延長線上にある作品を予想したが、それは全くのハズレではないにしても、そう言い切ってしまうには少々本作に対する形容のニュアンスを落としてしまうような気がしてしてならない。とはいっても勿論ベルサバ節は大全開で、普段聴き慣れていない人には一緒じゃん!と言われてしまうに違いないだろうけど、決して前作『Boy With...』よりも安全圏でプロっぽくなったという感じではない。『天使の〜』で見せてくれた危ういバランスや儚い情感といった計算だけでは成り立たない部分までを巧みにコントロールしつつ(計算された計算されてなさ!?)、『Boy With...』並のクオリティと多様性を持った楽曲に落とし込んでいる、というか...。そうした今にも壊れてしまいそうな情感を様々な手法で表現できるようになった、というのがプロっぽいと言えば言えるけど、そんなこと普通は容易ではないのだ。パンク〜ニュー・ウェイヴ以降、延々と繰り延べられてきた思春期的表現に、この作品は”青いまま成熟していく術”を持って明快な回答を出した作品と言ってもいいかもしれない(そもそも作品以外でも、ここ最近のベルセバの意識的な活動ぶりからそれは伺えたけど)。破綻しない青春を見つけたペイル・ファウンテンズ、ゾンビーズやモッド風ポップ、ソフト・ロックやA&M風オーケストラル・ポップ、そこに加えて翳りのあるフォークやイザベル嬢のユニット、ジェントリー・ウェイヴスで見られるフェアリーテイル風な佇まい(ヨーロッパの森に潜むちょっと怖い話みたいな、インクレディブル・ストリングス・バンド的なそれ)...そうしたものが全て詰まったこの作品、ぜひ聴いてみて下さい。

収録曲   

  • 01. I Fought In A War
  • 02. Model
  • 03. Beyond The Sunrise
  • 04. Waiting For The Moon To Rise
  • 05. Don't Leave The Light On Baby
  • 06. Wrong Girl
  • 07. Chalet Lines
  • 08. Nice Day For A Sulk
  • 09. Women's Realm
  • 10. Family Tree
  • 11. There's Too Much Love

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
聴いていると心が癒される。こんな音をきけ...

投稿日:2000/11/05 (日)

聴いていると心が癒される。こんな音をきけるのはベルセバだけ!でもスチュワート、プライマルに喧嘩をうるな!

まに さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ベルセバは本当に心が癒される!とくにこの...

投稿日:2000/10/18 (水)

ベルセバは本当に心が癒される!とくにこのアルバム好きです。兵士からの手紙もいいけど朝もやがくれた夢も好き!スチュワート.マードックあなたはステキです。 

じゅんこ!! さん | 大分市 | 不明

0
★
★
★
★
☆
なんでこんなに深いんだろう?繊細で美しく...

投稿日:2000/07/14 (金)

なんでこんなに深いんだろう?繊細で美しく、でも圧倒する力強さを合わせ持つなんて‥今度もベルセバは自分と向き合う機会をくれる‥

SWAY さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Belle And Sebastian

A band that takes its name from a French children's television series about a boy and his dog would almost have to be precious, and to be sure, Belle & Sebastian are precious. But precious can be a damning word, and Belle & Sebastian don't have the negative qualities that the word connotes: they are private but not insular, pretty but not wimpy; they make gorgeous, delicate melodies sound full-bod

プロフィール詳細へ

関連するチケット

Belle And Sebastianに関連する商品・チケット情報

UK/インディ に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト