CD 輸入盤

Rubber Soul

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
46440
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1965
フォーマット
:
CD
クレジット
:

George Harrison(Guitar),  George Harrison(Vocals),  George Martin(Piano),  John Lennon(Guitar),  John Lennon(Guitar),  John Lennon(Vocals),  John Lennon(Vocals),  Paul McCartney(Bass),  Paul McCartney(Guitar),  Paul McCartney(Guitar (Bass)),  Paul McCartney(Piano),  Paul McCartney(Vocals),  Ringo Starr(Drums),  Ringo Starr(Vocals),  George Harrison(Tambourine),  George Martin(Tambourine),  John Lennon(Guitar (Rhythm)),  John Lennon(Guitar (Rhythm)),  John Lennon(Tambourine),  John Lennon(Tambourine),  Mal Evans(Organ (Hammond)),  Ringo Starr(Organ (Hammond)),  Ringo Starr(Tambourine),  George Harrison(Sitar),  George Martin(Harmonium),  Paul McCartney(Fuzz Bass),  George Martin(Producer),  Norman Smith(Engineer),  Alan Rouse(Liner Notes),  Guy Massey(Remastering),  Ken Scott(Assistant Engineer),  Kevin Howlett(Liner Notes),  Robert Freeman(Photography),  Steve Rooke(Remastering),  Aaron Bremner(Photo Research),  Alan Rouse(Project Coordinator),  Drew Lorimer(Redesign),  Aaron Bremner(Photo Editing),  Gavin O'Neill(Photo Retouching),  Kevin Howlett(Historical Research),  Wendy Day(Project Manager)

商品説明

"陽気なファブ・フォー"といったそれまでのビートルズのイメージを打ち破り、アーティスティックな地平を目指した彼らの意欲を感じる優れた一枚。切なくなるようなラブ・ソングが多く収録されたアルバムでもあり、特にジョン作のM2、9は胸に響くスロー・ナンバー。シュールで物悲しいM4、間奏でバロック風に細工したジョージ・マーティンの弾くピアノが美しい、郷愁をそそるM11、ポールの名バラードM7、刺激を与えたバーズからの逆影響、12弦ギター使用のフレーズが印象的なジョージ作M13などなど。来るべきサイケ時代を予見するジャケも秀逸。
【1966年-6週連続全米No.1アルバム】

内容詳細

【1966 - 9th グラミー賞 Song Of The Year】 - 「Michelle」

収録曲   

  • 01. Drive My Car (02:30)
  • 02. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (02:05)
  • 03. You Won't See Me (03:22)
  • 04. Nowhere Man (02:44)
  • 05. Think For Yourself (02:19)
  • 06. The Word (02:43)
  • 07. Michelle (02:42)
  • 08. What Goes On (02:50)
  • 09. Girl (02:33)
  • 10. I'm Looking Through You (02:27)
  • 11. In My Life (02:27)
  • 12. Wait (02:16)
  • 13. If I Needed Someone (02:23)
  • 14. Run For Your Life (02:18)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
77
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
もう、このアルバムの素晴らしさは言うこと...

投稿日:2013/05/29 (水)

もう、このアルバムの素晴らしさは言うことはありません。70年中1の時、当時2000円もしたビートルズのレコードをほぼ毎月買っていましたね。とくに(全部じゃないけど)ジョンの曲がお気に入りでした。ノルウェーの森、一人ぼっちのあいつ、インマイライフ。本当に名曲ぞろいです。

johnbach さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
中坊の頃、レコードが擦り切れるほど聞きま...

投稿日:2013/02/22 (金)

中坊の頃、レコードが擦り切れるほど聞きました。なのに、リマスターを聞くと新たな発見が沢山ありますね。それだけでも価値があるのに、紙ジャケ仕様で嬉しいですね。

だいはや さん | 神奈川県 | 不明

4
★
★
★
★
★
ビートルズの中で最も好きなアルバムはどれ...

投稿日:2012/10/24 (水)

ビートルズの中で最も好きなアルバムはどれか?・・・その時その時で変わるが、常に上位に、そしてトップにもなるのが「RUBBER SOUL」。「Drive My Car」ではじまるかっこよさ、ロックもバラードもどれをとってもビートルズの最高傑作。好きなアルバムトップはその時その時で変わるんだけれど。あらためて1つのバンドにJohnとPaulという天才2人が存在していたことがとてつもなく凄い事なのだと感じている。

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品