CD

Revolver

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP71007
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
コピーライト
:
(C) Apple Corps Ltd.
その他
:
リマスター
追加情報
:
ボーナス映像付(CDエキストラ)それぞれのアルバムにまつわるレア映像、未発表映像、スタジオでの会話等から構成された5分間映像。
ステレオ音源
アートワーク:オリジナルLP同様
ブックレット:オリジナル・ライナーノーツ、写真、ヒストリカル・ノーツ、レコーディング・ノーツ
初回限定スペシャルパッケージ

商品説明

ビートルズの全オリジナル・アルバムがCD化以来初のデジタル・リマスター化!

【商品レビュー】
熱心なビートルズ・フリークから最高傑作と呼び声の高い本作『リヴォルヴァー』は1966年4月6日から6月22日までの2ヶ月半もの長い期間をかけて録音された。スタジオでの実験が始まったと同時に、メンバーがこの頃常用していたというLSDなどドラッグの影響を色濃く反映した、複雑な曲が目立つ。ポールはメロディ・メイカーとしての才能に磨きをかけている。“エリナー・リグビー”や“ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア”などは後世に残るほどの美しさを誇るメロディと言っても過言ではない。またスタジオ内でバンドをリードしたのもポールである。ギターやピアノなどベース以外の楽器もプレイしている。 ジョンは多くの多くの実験的な要素を持ち込んだ。自宅で自分なりの録音方法を研究し、様々なアイデアを具現化していった。 ジョージは装飾程度にしか使っていなかったシタールを“ラヴ・ユー・ドゥ”で前面に押し出した。一人で書いた曲も14曲中3曲と、着実な成長ぶりと貢献度が窺える。妙にトボけたリンゴの“イエロー・サブマリン”も重要な位置を締める。そしてメンバーがミキシングへ積極的に参加したこともこのアルバムを語る上で重要なポイントだ。曲作りや音入れと同じ感覚であらゆるツマミをイジり倒していた事だろう。様々な試行錯誤、紆余曲折の結果、 『リヴォルヴァー』には永遠とも言えるマジックが宿ったのであった。この頃は4人それぞれが音楽以外の様々な分野に興味を抱き始める頃でもあった。曲のテーマもラヴ・ソングばかりではなく、ドラッグ、宗教、税制、死など多岐にわたっている。特にドラッグはこのアルバム制作に大きな影響を及ぼしている。「紙を噛みながらビートルズを聴くとイイ」といった類の発言する輩のほとんどは『リヴォルヴァー』がお気に入りだ。アルバムのラストを締めくくる “トゥモロー・ネヴァー・ノウズ”ではそれが顕著に現れている。

※今作『REVOLVER』のHMVオリジナル先着特典「ジャケット・カンバッジ」は終了しました。

内容詳細

ビートルズのオリジナル・アルバム全14タイトルが21世紀最高の音質で蘇る。オリジナルの音源を4年がかりできめ細やかにデジタル・リマスターし、最も原曲に近いサウンドで収録。ジャケットはオリジナルUK盤を模している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. タックスマン
  • 02. エリナー・リグビー
  • 03. アイム・オンリー・スリーピング
  • 04. ラヴ・ユー・トゥ
  • 05. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
  • 06. イエロー・サブマリン
  • 07. シー・セッド・シー・セッド
  • 08. グッド・デイ・サンシャイン
  • 09. アンド・ユア・バード・キャン・シング
  • 10. フォー・ノー・ワン
  • 11. ドクター・ロバート
  • 12. アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー
  • 13. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
  • 14. トゥモロー・ネバー・ノウズ
  • 15. (エンハンスド)リボルバー:ミニ・ドキュメンタリー映像

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
104
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
6
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
僕がビートルズをあまり知らなかった時代、...

投稿日:2014/03/24 (月)

僕がビートルズをあまり知らなかった時代、赤と青盤しか持っていなかった中学生時代に、友達にビートルズのオリジナルアルバムは何が良いか聞いたら、”Revolverがいい”との回答だった。それで、ヤマハ銀座店に走り、店頭で高い日本盤ではなくかなり割安な米国キャピトル盤を買ってしまったのである(ケチ?)。 以来、ビートルズのリーダーたるジョンの作品があまりに少ない(2曲!!)のに疑問を持ち、数年後日本盤を買い直すまで米国盤が僕にとっての”Revolver”だった。それから更に20年以上経過し、現在改めて米国盤を聴き直してみると、意外や意外、2曲しかないジョンの曲が反って存在感を示しているようで不思議だ。そう、LPアルバムでは各面のラストをジョンの曲が「締めて」いたのである。まるで誰かが意図してその他のジョン作ナンバー3曲を外したかのように。それなりにアルバムに一定のコンセプトがあるような感じがして今でも不思議だ。イギリス盤と違った味わいがある。 また、ジャケットについては、パーロファンのロゴに見慣れた目にも、キャピトルのロゴが妙に周囲のデザインに溶け込んでいて面白い。昔の日本盤の「アップル」マークや「EMIオデオン」マークみたくダサくない(笑)。余談だが、”Revolver”をLPのモノラルで買った時(もちろん、日本盤)、カッコ悪い「EMIオデオン」マークがジャケットのデザインをぶち壊しにしていて、とてもがっかりした覚えがあるんです!

yossy-k さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
初めてUS版を聴きました。物足りない感じよ...

投稿日:2014/01/31 (金)

初めてUS版を聴きました。物足りない感じよりも、新鮮な感じです。アメリカ人は、これ聴いて感動したんやなぁ。オリジナルの感動とは少し違う感動を想像します。ビートルズの奥深さは想像以上で分かりません。大切なアルバムになります。

iyokan55 さん | 愛媛県 | 不明

0
★
★
★
★
★
オープニング曲をGeorgeがはじめて取...

投稿日:2013/08/07 (水)

オープニング曲をGeorgeがはじめて取りました。Georgeの才能が開花しだしたアルバム。John、Paul共に名曲ぞろいだがラストの”TomorrowNeverKnows”は天才JOHNならでは。このアルバムが一番好きと言う人が多いのも納得です。

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト