CD

Abbey Road

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP71013
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
コピーライト
:
(C) Apple Corps Ltd.
その他
:
リマスター
追加情報
:
ボーナス映像付(CDエキストラ)それぞれのアルバムにまつわるレア映像、未発表映像、スタジオでの会話等から構成された5分間映像。
ステレオ音源
アートワーク:オリジナルLP同様
ブックレット:オリジナル・ライナーノーツ、写真、ヒストリカル・ノーツ、レコーディング・ノーツ
初回限定スペシャルパッケージ

商品説明

ビートルズの全オリジナル・アルバムがCD化以来初のデジタル・リマスター化!

【商品レビュー】
発表は「レット・イット・ビー」より先だが実質的ラスト・アルバム。ジョンのヘヴィさが際立つM1に始まり、ジョージの作曲の成長ぶりを示すM2、M7、アナログ時代はB面でメドレー風に一気に聴かせるM10〜16何度聴き返しても興奮する見事なシンフォニーで、アルバムは幕を閉じる。続くM17はユーモアに富んだビートルズの最期をシメるにふさわしい小品。感動的な一枚。余談だが、’89年発表のストーン・ローゼズ1stのラストはM16にヒントを得ている、と思わずにはいられない。

※今作『ABBEY ROAD』のHMVオリジナル先着特典「ジャケット・カンバッジ」は終了しました。

内容詳細

ビートルズのオリジナル・アルバム全14タイトルが21世紀最高の音質で蘇る。オリジナルの音源を4年がかりできめ細やかにデジタル・リマスターし、最も原曲に近いサウンドで収録。ジャケットはオリジナルUK盤を模している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. カム・トゥゲザー
  • 02. サムシング
  • 03. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  • 04. オー!ダーリン
  • 05. オクトパス・ガーデン
  • 06. アイ・ウォント・ユー
  • 07. ヒア・カムズ・ザ・サン
  • 08. ビコーズ
  • 09. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  • 10. サン・キング
  • 11. ミーン・ミスター・マスタード
  • 12. ポリシーン・パン
  • 13. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  • 14. ゴールデン・スランバー
  • 15. キャリー・ザット・ウェイト
  • 16. ジ・エンド
  • 17. ハー・マジェスティ
  • 18. (エンハンスド)アビイ・ロード:ミニ・ドキュメンタリー映像

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
138
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ビートルズ最後の録音だそうで、ジャケット...

投稿日:2014/11/09 (日)

ビートルズ最後の録音だそうで、ジャケットも有名なのでか買いました。紙ジャケットの見開きタイプで結構高級感があります。内容は論評する必要は無いと思います。

おっさん さん | 京都府 | 不明

2
★
★
★
★
★
発売から40年以上経った今もなお、世界中か...

投稿日:2013/08/28 (水)

発売から40年以上経った今もなお、世界中から、毎日、観光客の絶えることのないアビーロード。ポップス史上、最高のアルバム。孤高の1枚。

cavern さん | 長野県 | 不明

1
★
★
★
★
★
発売はレット・イット・ビーの方が後だが、...

投稿日:2013/08/02 (金)

発売はレット・イット・ビーの方が後だが、録音はこれがラストとなった。つまり、これがビートルズ最後の作品。万人が認めるとうり、有終の美を飾る大傑作、不朽の名盤。曲の素晴らしさ、4人の卓越した演奏技術、どれをとっても申し分ない。わたしは、傑作しか存在しないビートルズのアルバムのなかでも、このアビイ・ロードを迷うことなくNO1に推奨します。とくにジョージの曲がすばらしい。また、LPではB面のユー・ネバー・ギブ・ミー・ユア・マネーからジ・エンドに至るメドレーは文句の付けようがない。ジャケットの横断歩道を横切る4人の写真も美しい背景と相まって実に魅力的で、素晴らしいフォトアートだ。最後に、アビイ・ロードを残してくれた4人に感謝。

johnbach さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト