LPレコード 輸入盤

【中古:盤質B】 Let It Be

Beatles (ビートルズ)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
インド盤,オリジナル盤
コメント
:
VG+/EX-)独自MAT:3U-T1/3U-T1,RED APPLEジャケット(裂け)
:
HMV record shop 渋谷
※店頭でも販売している商品のため、完売の場合はキャンセルさせて頂きます

基本情報

カタログNo
PCS7096
レーベル
フォーマット
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

解散騒動のさなか、有名なWゲット・バック・セッションWからの音源をフィル・スペクターのプロデュースにより完成させた同名映画のサウンドトラック。ポールの切ないメロディーが胸に迫るM6、10、オーケストラが加えられたジョン作M3、ビートルズの前身、クウォリーメンのレパートリーとして作られたという、初期オリジナル曲のリメイクM9、「戻っておいで〜取り戻そう」と歌われるM12は、皮肉にも解散を強く印象づける曲となってしまいました。 

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

関連する商品情報

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品