CD 輸入盤

1967: Sunshine Tomorrow

Beach Boys (ビーチ・ボーイズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5752853
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
コレクション,輸入盤
クレジット
:

Al Jardine(Vocals),  Brian Wilson(Vocals),  Bruce Johnston(Vocals),  Carl Wilson(Vocals),  Mike Love(Vocals),  Carl Wilson(Alto (Vocals)),  Alan Boyd(Producer),  Alan Boyd(Producer),  Bill Halverson(Engineer),  Brian Wilson(Arranger),  Jim Lockert(Engineer),  Mark Linett(Producer),  Stephen W. Desper(Engineer),  Beach Boys(Engineer),  Al Jardine(Composer),  Al Jardine(Group Member),  Alan Boyd(Compilation Producer),  Alan Boyd(Compilation Producer),  Alan Boyd(Liner Notes),  Alan Boyd(Liner Notes),  Alan Boyd(Mixing),  Alan Boyd(Mixing),  Arny Geller(Liner Notes),  Bobby Troup(Composer),  Brian Wilson(Composer),  Brian Wilson(Group Member),  Bruce Johnston(Composer),  Bruce Johnston(Group Member),  Carl Wilson(Composer),  Carl Wilson(Group Member),  Clint Ballard, Jr.(Composer),  Dennis Wilson(Group Member),  Henry Cosby(Composer),  Joe Sherman(Composer),  John Lennon(Composer),  John Lennon(Composer),  Lula Mae Hardaway(Composer),  Mark Linett(Compilation Producer),  Mark Linett(Editing),  Mark Linett(Liner Notes),  Mark Linett(Mastering),  Mark Linett(Mixing),  Matt D'amico(Executive Producer),  Mike Love(Composer),  Mike Love(Group Member),  Noel Sherman(Composer),  Paul McCartney(Composer),  Stevie Wonder(Composer),  Susan Lavoie(Art Direction),  Susan Lavoie(Design),  Sylvia Moy(Composer),  Beach Boys(Composer),  Tony Asher(Composer),  Traditional(Composer),  Van Dyke Parks(Composer),  Wayne Carson Thompson(Composer),  Alan Boyd(Photo Research),  Alan Boyd(Photo Research),  Beth Stempel(Production Manager)

商品説明

1967年、あの ’SMiLE プロジェクト’崩壊後のビーチ・ボーイズの真実!

1967年のアルバム『WILD HONEY』の世界初ステレオ版に54曲の未発表スタジオ・セッション&未発表ライヴを収録!
『ワイルド・ハニー』の世界初ステレオ版に加え、1967年初期、SMILEの制作、発売を断念し、失望していたブライアンをメンバーが励ますために1967年夏、ブライアンの自宅で主に制作された1967年9月発売のアルバム、SMILEY SMILEの未発表テイク、未発表音源!そして1967年12月リリースのWILD HONEY制作時の未発表テイク、未発表音源、ワイルド・ハニーの楽曲の未発表ライヴ、ハワイに於ける1967年の未発表ライヴ等を収録した今まで一度も聴いたことのない1967年のビーチ・ボーイズがCD2枚に収まったファン待望の決定的コレクション!

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

【DISC 1】
Tracks 1-11: WILD HONEY STEREO
マーク・リネット&アラン・ボイドがオリジナルの8トラック・マスターから造り上げた『ワイルド・ハニー』の世界初ステレオ・ミックス。

Tracks 12-25: WILD HONEY SESSIONS
「クール・クール・ウォーター」、「タイム・トゥ・ゲット・アローン」、 「キャント・ウェイト・トゥ・ロング」等『ワイルド・ハニー』セッション時の 貴重な未発表音源&別テイク&セッション・ハイライト。

Tracks 26-30: WILD HONEY LIVE 1967 – 1970
『ワイルド・ハニー』の楽曲の未発表ライヴ。

Track 31
未発表セッション

【DISC 2】
Tracks 1-9: SMILEY SMILE SESSIONS
1967年6月7月にブライアンの家のスタジオで主に行われた『スマイリー・スマイル』制作時の未発表音源。

Tracks 11-24: LEI'D IN HAWAII “LIVE” ALBUM
SMILEY SMILE発売後、リリース予定であったライヴ・アルバムが『レイド・イン・ハワイ』であるが、メンバーがライヴの音源が気に入らず、スタジオで曲を取り直した。結局このアルバムは未発売のまま終わった。未発のアルバムに収録予定であったウォーリー・ヘイダー・スタジオで1967年9月に録音された未発表音源。未発表テイク。収録18,19は表記の場所でのレコーディング。

Tracks 25-29 - LIVE IN HAWAII, AUGUST 1967
1967年8月25日と26日にホノルルで行われたコンサートの未発表ライヴ音源。
ブライアン参加、ブルース不参加。

Tracks 30-32 - THANKSGIVING TOUR 1967
『ワイルド・ハニー』発売後の、サンクスギビング・ツアーの未発表ライヴ音源。
メンバー:マイク、カール、デニス、アル、ブルースに加えベース:ロン・ブラウン、キーボード:ダリル・ドラゴン  ブライアン参加せず。

Track 33-34
サーフズ・アップ、サーファー・ガールの貴重な別ヴァージョン、別ミックス。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Wild Honey (2:45)
  • 02. Aren’t You Glad (2:16)
  • 03. I Was Made To Love Her (2:07)
  • 04. Country Air (2:21)
  • 05. A Thing Or Two (2:42)
  • 06. Darlin’ (2:14)
  • 07. I’d Love Just Once To See You (1:49)
  • 08. Here Comes The Night (2:44)
  • 09. Let The Wind Blow (2:23)
  • 10. How She Boogalooed It (1:59)
  • 11. Mama Says * (Original Mono Mix) (1:08)
  • 12. Lonely Days (Alternate Version) (1:45)
  • 13. Cool Cool Water (Alternate Early Version) (2:08)
  • 14. Time To Get Alone (Alternate Early Version) (3:08)
  • 15. Can’t Wait Too Long (Alternate Early Version) (2:49)
  • 16. I’d Love Just Once To See You (Alternate Version) (2:22)
  • 17. I Was Made To Love Her (Vocal Insert Session) (1:35)
  • 18. I Was Made To Love Her (Long Version) (2:35)
  • 19. Hide Go Seek (0:51)
  • 20. Honey Get Home (1:22)
  • 21. Wild Honey (Session Highlights) (5:39)
  • 22. Aren’t You Glad (Session Highlights) (4:21)
  • 23. A Thing Or Two (Track And Backing Vocals) (1:01)
  • 24. Darlin’ (Session Highlights) (4:36)
  • 25. Let The Wind Blow (Session Highlights) (4:14)
  • 26. Wild Honey (Live) (2:53) – recorded in Detroit, November 17, 1967
  • 27. Country Air (Live) (2:20) – recorded in Detroit, November 17, 1967
  • 28. Darlin’ (Live) (2:25) – recorded in Pittsburgh, November 22, 1967
  • 29. How She Boogalooed It (Live) (2:43) – recorded in Detroit, November 17, 1967
  • 30. Aren’t You Glad (Live) (3:12) – recorded in 1970, location unknown
  • 31. Mama Says (Session Highlights) (3:08) (Previously unreleased vocal session highlights. Recorded at Wally Heider Recording, November 1967)

ディスク   2

  • 01. Heroes And Villains (Single Version Backing Track) (3:38)
  • 02. Vegetables (Long Version) (2:55)
  • 03. Fall Breaks And Back To Winter (Alternate Mix) (2:28)
  • 04. Wind Chimes (Alternate Tag Section) (0:48)
  • 05. Wonderful (Backing Track) (2:23)
  • 06. With Me Tonight (Alternate Version With Session Intro) (0:51)
  • 07. Little Pad (Backing Track) (2:40)
  • 08. All Day All Night (Whistle In) (Alternate Version 1) (1:04)
  • 09. All Day All Night (Whistle In) (Alternate Version 2) (0:50)
  • 10. Untitled (Redwood) * (0:35)
  • 11. Fred Vail Intro (0:24)
  • 12. The Letter (1:54)
  • 13. You’re So Good To Me (2:31)
  • 14. Help Me, Rhonda (2:24)
  • 15. California Girls (2:30)
  • 16. Surfer Girl (2:17)
  • 17. Sloop John B (2:50)
  • 18. With A Little Help From My Friends * (2:21) (Recorded at Brian Wilson’s house, September 23, 1967)
  • 19. Their Hearts Were Full Of Spring * (2:33) (Recorded during rehearsal, August 26, 1967, Honolulu, Hawaii)
  • 20. God Only Knows (2:45)
  • 21. Good Vibrations (4:13)
  • 22. Game Of Love (2:11)
  • 23. The Letter (Alternate Take) (1:56)
  • 24. With A Little Help From My Friends (Stereo Mix) (2:21)
  • 25. Hawthorne Boulevard (1:05)
  • 26. Surfin’ (1:40)
  • 27. Gettin’ Hungry (3:19)
  • 28. Hawaii (Rehearsal Take) (1:11)
  • 29. Heroes And Villains (Rehearsal) (4:45)
  • 30. California Girls (Live) (2:32) – recorded in Washington, DC, November 19, 1967
  • 31. Graduation Day (Live) (2:56) – recorded in Washington, DC, November 19, 1967
  • 32. I Get Around (Live) (2:53) – recorded in Boston, November 23, 1967
  • 33. Surf’s Up (1967 Version) (5:25) (Recorded during the Wild Honey sessions in November 1967)
  • 34. Surfer Girl (1967 A Capella Mix) (2:17) (Previously unreleased mix of Lei’d In Hawaii take from the Wally Heider Recording sessions in September 1967)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beach Boys

ロック/ポップス史に名を残す偉大なるバンドたちの中でも、特にビーチ・ボーイズの評価といったものほど、やっかいなものはないかもしれない。20世紀最後になってある種、シリアスに受けとめられるようになったアイドル、ビートルズの評価以上に、ビーチ・ボーイズの偉大なる業績に対する評価には現在も困難さがつきまとっているかのようだ。一方でオールディーズ的なポップスとしてのビーチ・ボーイズの評価、片や名作 ペット

プロフィール詳細へ

Beach Boysに関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品