この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

アーウィン・シュロット/オペラ・アリア集 フリッツァ&バレンシア自治州管

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4780473
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

人気沸騰中のバス・バリトン、シュロットのデビューCD!
アーウィン・シュロット/アリア集

“素晴らしい才能、そして我々は今それを体感する!”(The Sunday Times)

若手で注目を集める歌手、というのは相当数存在すると思われますが、バス=バリトン歌手がここまで人気を獲得するというのは、なかなか見られない現象なのではないでしょうか・・・?
 ここのところ最も“旬”、彗星のごとく登場したアーウィン・シュロットは、ウルグアイ出身。エキゾチックでグラマラスな声と容姿によって、“オペラ界のマーロン・ブランド”の異名をとっています。世界中の歌劇場から熱いラヴ・コールを受け、超多忙なスケジュールをこなしながらオペラ・ファンを虜にしています。日本にも2005年のMETで来日しており、すでにかなりのファンを獲得しているようで、音楽ファンによるブログなどでは熱いコメントが行きかっています。
 そんな彼が、『歌のDECCA』からデビューとなると、期待度もさらに高まります。シュロットが世界各地で絶賛されているオペラからのアリア集でのデビューとなります。最高の当たり役とされる『ドン・ジョヴァンニ』から、ベルリオーズ、グノー、マイアベーアまで、デビュー盤にして驚くべきレパートリーの広さを見せ付けてくれます。千変万化の魅力を放つシュロットの魅力のすべてを収めた“肖像画”的なアルバムといっていいでしょう。そしてなにより、その才能と実力・・・’イケメン’なだけではこれだけのオペラになどとても出演できません。そしてなんといっても、2008年ザルツブルグ・フェスティヴァルで、彼は『ドン・ジョヴァンニ』に出演する予定。この評で、一気にブレイクという可能性もあります!

・モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』〜カタログの歌(レポレッロ)
・ヴェルディ:歌劇『ドン・カルロ』〜あれはわしを少しも愛さなかった(フィリッペ)
・モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』〜窓辺においで
・モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』〜酒の歌(ドン・ジョヴァンニ)
・モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』〜伯爵様が踊るなら(フィガロ)
・ヴェルディ:歌劇『マクベス』〜足もとに気をつけろ/死の不審と予感にみちた(バンクォー)
・ベルリオーズ:歌劇『ファウストの劫罰』〜こよい花ひらく(メフィストフェレス)
・モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』〜男たちよ眼を開けろ(フィガロ)
・モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』〜もう飛ぶまいぞこの蝶々(フィガロ)
・グノー:歌劇『ファウスト』〜メフィストフェレスのセレナード(メフィストフェレス)
・ヴェルディ:歌劇『シチリア島の夕べの祈り』〜おおパレルモ(プローチダ)
・マイヤベーア:歌劇『悪魔のロベール』〜ここがあの古い修道院の廃墟だな/冷たい墓に眠る尼僧たちよ(ベルトラム)
 アーウィン・シュロット(バスバリトン)
 バレンシア自治州管弦楽団
 指揮:リッカルド・フリッツァ

 録音:2008年1月28日-2月6日、バレンシア ソフィア王妃芸術館(デジタル)

収録曲   

  • 01. レビューに記載

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オペラ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品