CD 輸入盤

Desolation Angels

Bad Company (バッド・カンパニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7567.92451
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1979
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Boz Burrell(Bass),  Mick Ralphs(Guitar),  Mick Ralphs(Keyboards),  Paul Rodgers(Guitar),  Paul Rodgers(Piano),  Simon Kirke(Drums),  Paul Rodgers(Accordion),  The Bones(Vocals (Background)),  Bad Company(Producer),  Patrick Anthony(Engineer),  Tony Patrick(Engineer),  Bill Payne(Composer),  Hipgnosis(Cover Design),  Hipgnosis(Photography),  Mick Ralphs(Composer),  Paul Rodgers(Composer),  Simon Kirke(Composer),  Ted Jensen(Remastering),  Bad Company(Group),  Ted Jensen(Digital Remastering)

商品説明

By the time Bad Company released Desolation Angels, it was evident that even Rodgers and Ralphs were getting tired of their '70s-styled, conveyor-belt brand of rock & roll, so they decided to add keyboards and some minor string work to the bulk of the tracks. Although this change of musical scenery was a slight breath of fresh air, it wasn't enough to give Desolation Angels the much added depth or distinction that was intended, and only the vocal passion of Rock 'n' Roll Fantasy really comes out on top, eventually becoming a gold single. The good news is that Desolation Angels is a noticeable improvement from 1977's Burnin' Sky, with Bad Company's sound taking on a smoother, more polished feel than its predecessor. Gone, Gone, Gone, Lonely for Your Love, and She Brings Me Love work best in Rodgers' favor, and fans did prove their loyalty, pushing the album to the number ten mark in the U.K. and to number three in the U.S. The campaign toward a new sound does cause a few of the cuts (Crazy Circles, Evil Wind) to appear a bit forced and overly glitzy (especially the use of electronic drums), and the album spawns a smattering of a few attractive moments rather than evolving as a complete, constructive listen. Things didn't get much better for Bad Company, and it was after the release of 1982's Rough Diamonds, a much weaker and unattached effort, that Rodgers decided to call it quits. ~ Mike DeGagne, Rovi

収録曲   

  • 01. Rock 'n' Roll Fantasy (03:19)
  • 02. Crazy Circles (03:32)
  • 03. Gone Gone Gone (03:50)
  • 04. Evil Wind (04:21)
  • 05. Early In The Morning (05:45)
  • 06. Lonely For Your Love (03:25)
  • 07. Oh Atlanta (04:08)
  • 08. Take The Time (04:14)
  • 09. Rhythm Machine (03:44)
  • 10. She Brings Me Love (04:41)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
シングル目当てで購入しましたが、やはりち...

投稿日:2009/07/21 (火)

シングル目当てで購入しましたが、やはりちょっと売れ線行き過ぎかな?もう少し厚い音で作ってもらっても良かった気がします。ハードロックでなくて、中途半端なブルース&ポップロックって感じです。

どらん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
やや複雑で暗いアルバムだった『Burnin’ S...

投稿日:2006/06/03 (土)

やや複雑で暗いアルバムだった『Burnin’ Sky』から揺り戻したかのような、シンプルでアメリカンなアルバム。初期3作にも劣らない出来です。個人的には「Evil Wind」と「Oh, Atlanta」がお気に入りです。

yoshiemon さん | 金沢 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
セールス的には成功したが、内容的にはイマイチ。し...

投稿日:2003/05/12 (月)

セールス的には成功したが、内容的にはイマイチ。しかし、それと反比例するようにP・ロジャースのvocalは絶好調。こぶしのまわし方、声のひねり出し方。例の「アレ」のオンパレードです。今現在のシャウト主体の歌い回しと対照的ですね。

635 さん | 東京 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bad Company

元フリーのポール・ロジャースと元モット・ザ・フープルのミック・ラルフスが1971年に出会ったことがきっかけとなり、後にポールの盟友である元フリーのサイモン・カーク、ベーシストとして元キング・クリムゾンのボズ・バレルが加入し1974年にデビューしたスーパー・ロック・グループ。1974年レッド・ツェッペリンが・・・

プロフィール詳細へ

Bad Companyに関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品