CD 輸入盤

Not Fragile

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8301782
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Blair Thornton(Guitar),  C.F. Turner(Guitar (Bass)),  C.F. Turner(Vocals),  Frank Trowbridge(Guitar),  Randy Bachman(Guitar),  Randy Bachman(Vocals),  Robbie Bachman(Drums),  Robbie Bachman(Percussion),  Blair Thornton(Vocals (Background)),  Robbie Bachman(Slide Guitar),  Mark K. Smith(Engineer),  Mark Smith(Engineer),  Randy Bachman(Producer),  Bachman Turner Overdrive(Performer),  Blair Thornton(Group Member),  Buzz Richmond(Assistant Engineer),  C.F. Turner(Group Member),  Jim Ladwig(Art Direction),  Joe Kotleba(Design),  John Brott(Photography),  Randy Bachman(Group Member),  Richard Dashut(Mixing Assistant),  Robbie Bachman(Composer),  Robbie Bachman(Group Member),  Tom "Curly" Ruff(Mastering),  Tom Zamiar(Photography),  Blair Thornton(Soloist),  Randy Bachman(Soloist),  Blair Thornton(Introduction)

商品説明

After gaining some recognition from the success of the band's previous album, Bachman-Turner Overdrive got around to recording Not Fragile. Not only had one of the three Bachman brothers (Tim, the rhythm guitarist) left the band to BTO's advantage, but Randy Bachman and C.F. Turner had clearly grown musically. To the album's benefit, most of the material on Not Fragile are the band's much-liked rock anthems, ranging from the hyper-distorted title track, through the famous but far more timid song You Ain't Seen Nothing Yet. Indeed, for hard rock fanatics, it doesn't come much better than on Not Fragile. Randy's electrifying lead guitar is here more raucous than ever before, as are his rowdy vocals (particularly noticeable on the predictable, but fun Sledgehammer). The man steals the show on Not Fragile through his extensive and often astounding guitar solos. Generally, though, Bachman-Turner Overdrive are at their prime as a whole, both in songwriting and playing terms. As regards the mixing, it's hard to find fault with this release. The drums are clear but not so prominent that they dominate the recording, while the guitars, along with the bass, are kept rigidly in their place. Not Fragile is one of the finest arena rock albums of the era, featuring all the hallmarks of what makes a classic release in the genre. Randy's impressive guitar work and typically boisterous vocals complement the overall framework of the album superbly, as do the crunchy rhythm guitars. This release will astound fans of the genre and band, while those thoroughly against stadium rock may find something to convert their views. ~ Ben Davies, All Music Guide

収録曲   

  • 01. Not Fragile (04:05)
  • 02. Rock Is My Life, And This Is My Song (04:38)
  • 03. Roll on Down the Highway (03:56)
  • 04. You Ain't Seen Nothing Yet (03:48)
  • 05. Free Wheelin' (03:45)
  • 06. Sledgehammer (04:31)
  • 07. Blue Moanin' (03:45)
  • 08. Second Hand (03:23)
  • 09. Givin' It All Away (03:48)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
それまでのアルバムに比べ、俄然わかりやす...

投稿日:2013/10/23 (水)

それまでのアルバムに比べ、俄然わかりやすいポップな曲が並び、BTOが日本でもやっと知られるようになった名盤。ベスト盤では味わえない展開があり、特にレコード時代のA面5曲はどれも抜群で、この流れが何とも言えずスリリング!タイトル曲1.はスローだが、いきなり重量級のリズムでグングン押しまくり、聴く者を圧倒する。2.はブルージーな前半から次第に軽快なロックンロールへ。3.はポップなメロディとまさにハイウェイを突っ走るようなスピード感あふれるノリノリなナンバーで間奏の長めのギターソロがかっこいい。日本でもシングルヒットした。4.は見事全米No.1に輝いた彼ら最大のヒット曲で、ランディのボーカルが冴える。5.は曲の中間部でライブのメンバー紹介みたいなソロパートがあり、とても息のあった演奏を展開するインストルメンタルナンバー。6〜9の後半も、前半ほど強力な曲はないが、キャッチーな曲が続き、最後まで飽きない。今でも全く古臭さがないので、ぜひたくさんの人に聴いてもらいたい。

wing さん | 富山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
あるきっかけでまたBTOを聞く事となった......

投稿日:2009/12/14 (月)

あるきっかけでまたBTOを聞く事となった...格好いい!ゲスフーは名前が怪しかったので聞かなかったが、ある意味アメリカを代表するロックと言って良いと思う。 特にこのアルバムは秀逸で当時これを期に日本公演を敢行したが結果は下記のごとく惨敗。福岡もガラガラでした。でも気を抜く事なくすばらしいものでした しかし発売中の全部のアルバムに占めるベスト版の多さは非凡なものが ありますな。アルバム全部再発してくれる粋な会社はないものか?...

KENJI さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
「ザ・コミットメンツ」という映画の中、バ...

投稿日:2007/07/28 (土)

「ザ・コミットメンツ」という映画の中、バンドメンバーを募集する場面で、BTOの名前が出てくる。小馬鹿にする感じでね。英米でも玄人筋の評価は低いようである。けしからん。どうして世界はBTOを理解しないのか。76年の初来日時、がらがらの名古屋市公会堂で、一所懸命演奏してくれた彼らをわたしは一生忘れない。

SINCE1972 さん | 東京都品川区 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bachman Turner Overdrive

カナダのロック・バンド。1970年にゲス・フーを脱退した、ランディ・バックマンを中心として結成。初期のメンバーはランディの他C.F.ターナー(b)、ティム・バックマン(g)、ロビー・バックマン(dr)。C.F.ターナーを除いた3人が兄弟であった。73年にセルフタイトル『バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ』・・

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品