Bachman Turner Overdrive
新商品あり

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ)

Bachman Turner Overdrive | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【ローチケHMV】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 本・雑誌・コミックは1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ) のプロフィール

Bachman Turner Overdrive

カナダのロック・バンド。1970年にゲス・フーを脱退した、ランディ・バックマンを中心として結成。初期のメンバーはランディの他C.F.ターナー(b)、ティム・バックマン(g)、ロビー・バックマン(dr)。C.F.ターナーを除いた3人が兄弟であった。73年にセルフタイトル『バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ』・・

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ) のチケット情報

現在、Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ) のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ) の代表作/ベストセラー

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ) の商品一覧

商品一覧

商品を絞り込む

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ) の商品をフォーマットで絞り込む

44件中1-10件を表示

すべての商品を見る

Bachman Turner Overdrive (バックマン ターナー オーヴァードライヴ) の商品ユーザーレビュー

15件

すべてのユーザーレビューを見る(15件)

  • BTOのベスト、コンピレーションは実に数多く出ていま...

    投稿日:2013/08/20

    BTOのベスト、コンピレーションは実に数多く出ています。代表曲を聞くなら、この記念盤ではなく「Anthology」がふさわしいと思います。ところがこの記念盤、なかなか曲者で、ブレイブ・ベルトの曲を1曲と、サウンドトラックの「Wooly Bully」を含んでいるのです。この2曲を探すだけでも大変なので購入しました。 デジパック2枚組を、DeluxeEditionと書いたテープが帯状に取り巻いてあって切って開く仕掛けになっています。テープは直接紙に貼ってありますが、簡単に剥がすことができました。 Disc 1 1. Never Coming Home  彼らの前身ブレイブ・ベルトの72年シングル。この頃のメンバーは、ランディ・バックマン、CFターナー、ティム・バックマン、ロビー・バックマン。それほどハードではないブギ曲です。ブレイブ・ベルトのCDは高価になっていて、現在なかなか手が出ません。 2. The Letter 抑制されたリズムの上をオーバードライブが効いたギターが唸る未発表曲で、「Anthology」に初めて収録されました。ブリティッシュ・ロックの香りを色濃く感じます。 3. Let It Ride 「II」収録曲で、ドゥービー・ブラザーズの影響をとても感じます。逆にもしかするとドゥービーに影響を与えたのがBTOかもしれません。 4. Takin’ Care Of Business  同じく「II」収録曲で、邦題は「仕事に御用心」であり歴史的な誤訳ですが、彼らを名を高めるのに役に立ちました。仕事を片付ける、の意味だと思います。ツイン・ギターが重量感たっぷりです。フェイセズがやりそうな曲でありますね。 5. You Ain’t Seen Nothing Yet 「Not Fragile 」収録で、邦題「恋のめまい」。これまた、ギターのカッティングが美しい曲で、わざとドモりながら愛を口にする、純なトラック・ドライバー達に支持されそうな曲であります。グループ最大のヒットで全米1位になっています。 6. Not Fragile 彼らのキャリアで最もヘビーであろうと思います。イエスが「こわれもの」で来たので、逆をはって「壊れない」をテーマにしています。わが国では、彼らがカナダの木こり出身という話が信じられていました。ちなみに同年、国際プロレスに、カナダ出身のレスラーが参加したときも木こり出身とプロモーションされていました。 7. Four Wheel Drive グループのヘビー化を物語る曲で、同時期の来日に合わせ、わが国でも人気があったと思います。ギターにコンプレッサーをかけ、独特の伸びを出しています。たたみかけるドラムズも迫力です。 8. Hey You 「Four Wheel Drive 」収録。フランジャーを通したアコースティック・ギターのカッティングで始まる軽快な曲で、グループの幅の広さがわかることでしょう。ランディがボーカルをとるとポップな曲になることが多いと思います。 9. Lookin’ Out For #1 「Head on」に収録されたシングルでボサノバ。彼らはデビュー当時からジャズ、ボサノバの雰囲気で曲をつくることをしています。シングルカットされましたが、グループ低迷のきざしがこの頃。 10. Sledgehammer 一転して 「Not Fragile 」からヘビー曲。 11. My Wheels Won’t Turn 「Freeways」からのシングルで、ランディ・バックマンが脱退、ブレア・ソーントンに代わっています。この後、2枚のアルバムを発表してグループはフェイド・アウトしました。 12. For The Weekend  84年の再結成シングル。 ランディ・バックマン復帰作品でもあります。80年代の流行の音でありますが、やはり根本はハード・ブギ。 13. Wooly Bully  カナダ映画「American Boyfriends」サウンドトラックから。 Sam the Sham and the Pharaohsのロックンロール・ヒットのリバイバルです。 14. Rough Ride  84年に録音されていた未発表曲です。ターナーの歌う軽快なロックンロール。 15. Another Fool  ランディ・バックマン作の初出ライブ。ヘビーメタルと言っていい重さがあります。84年の「Bachman Turner Overdrive」にスタジオ・バージョンがあります。 16. West Coast Turnaround  「Head on」制作時のアウトテイク。デモではなくしっかり完成されてあり、なかなか力作です。 Disc 2 1. Roll On Down The Highway〜 8.ThankYou-Domo 76年の武道館ライブで、ミックスダウンはカナダ、スリーブなどの制作は日本で行われました。ツアーは、武道館と大阪でした。この頃、わたしは中学生でしたがラジオで彼らの「ハイウェイをぶっとばせ」が今でいうパワー・プレイ状態だったことを覚えています。5.FourWheelDriveから8.ThankYou-Domoまでは、アンコール。当日の演奏曲のうち、半数程度の作品化でしかありません。米国でのリリースはありませんでした。 9. Give it Time  未発表ライブとのこと。この曲のライブは、75年シカゴのKingBiscuitHourのライブが知られていますが、それとは違いました。わたしは、このギターリフと後半のソロが大好きであります。 10. Blue Collar  未発表ライブ で、珍しくギターソロ中心に構成されています。

    tasuke さん |50代

    1
  • BTOのこのCD化を待ち望んでいました。最高です!私も...

    投稿日:2012/04/19

    BTOのこのCD化を待ち望んでいました。最高です!私も彼らのステージを武道館で見た一人。こんな素敵なストレートなバンドは他にはいません。若い方にも是非、聴いてほしい、本物のROCKです。

    JPhiro suzuki さん |50代

    2
  • シングルもアルバムも全米1位を獲得したことがある、...

    投稿日:2008/06/12

    シングルもアルバムも全米1位を獲得したことがある、アメリカのロック史では外せないバンドのひとつです。なかなかの選曲で、オリジナルが揃いにくいいまでは聴き応え十分の重宝する内容です。因みにいまも現役です。

    ムクムク さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%