CD 輸入盤

Mellow Gold

BECK (ベック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DGCD24634
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD
クレジット
:

David Harte(Drums),  Mike Boito(Organ),  Petra Haden(Violin),  Rob Zabrecky(Bass),  BECK(Producer),  Karl Stephenson(Producer),  Rob Schnapf(Engineer),  Rob Schnapf(Producer),  Tom Rothrock(Engineer),  Tom Rothrock(Producer),  Rob Schnapf(Mixing),  Robert Fisher(Art Direction),  Robert Fisher(Design),  Ross Harris(Photography),  Stephen Marcussen(Mastering),  Tom Rothrock(Mixing)

商品説明

年輩のブルース好きオジさんとジャムったり、友人カール・スティーヴンソン=フォレスト・フォー・ザ・トゥリーズと共にヒップ・ホップに触発されて宅録したりして遊んでいた〜地下活動していた自称フォーク・シンガーの若きベック・ハンセン。その自宅録音から生まれた一番目の奇跡が本作収録の「ルーザー」だった。折りしも米音楽界は”グランジ的な気分”が支配的であり、この曲は瞬く間に当代若者像を反映したスラッカー・アンセムとして大ヒットしたのでした(後に本人はそんな積もりで作った訳じゃない、ジョークっぽいモノだったんだよ、と弁明)。この時点ではアイディア一発の単なるワン・ヒット・ワンダーと見る見方が大勢だったことも付け加えておきたい。その後の活躍は周知の通り。

収録曲   

  • 01. Loser (03:54)
  • 02. Pay No Mind (Snoozer) (03:03)
  • 03. Fuckin' With My Head (Mountain Dew Rock) (03:41)
  • 04. Whiskeyclone Hotel City 1997 (03:28)
  • 05. Soul Suckin' Jerk (03:55)
  • 06. Truckdrivin' Neighbours Downstairs (Yellow Sweat) (02:55)
  • 07. Sweet Sunshine (04:17)
  • 08. Beercan (04:00)
  • 09. Steal My Body Home (05:32)
  • 10. Nightmare Hippy Girl (02:54)
  • 11. Motherfucker (02:05)
  • 12. Black Hole (05:17)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
'94年発表。ベックといってもこれはジェフ・ベック...

投稿日:2009/08/04 (火)

'94年発表。ベックといってもこれはジェフ・ベックのニュー・グループではなく、23歳のソロ・アーティスト。本名はベック・ハンセンという。当時、アメリカのプレスがこぞって取り上げていた、もっとも注目されていた新人のひとりといっていいだろう。これがその話題のデビュー・アルバムだ。 その中身だが、ヒットしたシングルの@はブルースを土台にラップ的なボーカルとシタールのサンプリング音を被せたもの。AやCは初期のREMを思わせる暗い情感のフォーク・ロックで、それに挟まれたBは土臭く荒々しいロック。Dは極端に音を歪ませたラップ、部屋を暗くしてお香でも焚いて聴けばよさそうな、ブツクサいっている歌H、グランジに共感を示したギター・ノイズの洪水J、レッド・ツェッペリンみたいな民謡風のアコースティック・ナンバーKなど。そのKが終わって30秒後に出てくるシークレット・トラック「アナログ・オデッセイ」は、電子音ノイズの気ままなコラージュといった感じだ。"とても不思議な音"とこのアルバムの感想を色々な人から聞くが、ここに収められた音楽の要素のひとつひとつは特別珍しいものではない。にも関わらずそれを"不思議"だと感じさせるところがベックの"魅力"だろう。種々雑多な音楽を直観的に詰め込んだこの混沌状態は、手垢にまみれた紋切り型の表現(それを様式美と呼ぶ人もいるが)に縛られた多くのロックよりもよほど自由でロック的だ。こうした若い世代のミュージシャンの"雑食性"や閃きが、いつの時代も新しい「ロック」を生み出してきたのだ。

0
★
★
★
★
☆
ベックのアルバムはどれも聴きがいあるなぁ〜。...

投稿日:2008/03/11 (火)

ベックのアルバムはどれも聴きがいあるなぁ〜。聴くたびに新たな発見やお気に入りの曲を見つけることがあるんだよなぁ。8.Beercan はゆるーいベック独特のラップがなんとも心地いいし、ゆるーいのに体がノッてくる、お薦めです。

アンソニー さん | 福岡 | 不明

0
★
★
★
★
★
今年来日(行けず…)、ベスト盤も楽しみなB...

投稿日:2007/05/12 (土)

今年来日(行けず…)、ベスト盤も楽しみなBeckの1stLoserの詞とメロディーが衝撃でした

チャーミキティー さん | 福岡県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

BECK

1990年代から現在に至るまで第一線で活躍を続け、名実ともにアメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティストとして確固たる人気を誇る。94年に発表した「ルーザー」が全米モダン・ロック・チャートで5週連続1位を獲得。96年に発表した『オディレイ』でグラミー賞2部門を受賞。08年に発表した 『モダン・ギルト』が全米4

プロフィール詳細へ

BECKに関連する商品情報

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品