CD

Tango Para Una Ciuadある街へのタンゴ

Astor Piazzolla (アストル・ピアソラ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP182
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ピアソラ没後10年企画。1997年7月、ソニーにあるピアソラ音源を集大成して限定販売をした『ピアソラの箱』分売その2(旧品番:ESCA6711+ボーナストラック4曲)。オリジナル盤のアートワークを使用。「われわれの時代」と同じく、ピアソラが後年最高の音楽形態と評していた5重奏楽団との1963年録音。天才ヴァイオリン奏者アグリとの運命的な出会いによって音楽家として飛躍を遂げたピアソラだったが、コノアルバムでは’レピラート’、’ブエノスアイレス午前零時’などといった、のちによく取上げられたヒットレパートリーのオリジナルを収録。

内容詳細

様々な実験と試行錯誤の後、60年代初めに結成されたこの五重奏団は、ソリッドで尖鋭な響きとズブリのセンチメントが絶妙にバランスしてクールなトキメキをもたらす新鮮な音を生み出した。地味とされる本作も、音そのものがハッとするほど想像力を掻き立てる。(中)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
全体にシンプルで「ブエノスアイレス零時」...

投稿日:2009/05/23 (土)

全体にシンプルで「ブエノスアイレス零時」にも89年11月4日のローザンヌ・コンサートでの演奏ほどの洗練はないが、全体にどことはなし猥雑さが漂い芳醇な色気を湛えている。エクトル・デローサスのいかにも2枚目という感じの声も時代っぽくて雰囲気を高める。

メディナセリ さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Astor Piazzolla

モダンな感性と斬新なるサウンド、日頃「タンゴ」という音楽を聴かない者でもピアソラのサウンドには「はっ」とさせられる時がある。Tango:Zero Hour(タンゴ・ゼロ・アワー)ニューヨークのインディー・レーベルのアメリカン・クラ−べを主宰するプロデューサー、Kip Hanrahan(キップ・ハンラハン)の元に'86年に残された録音を前作より(オリジナル・アルバムとしては)7年目となる作品を’9

プロフィール詳細へ

ラテン に関連する商品情報

おすすめの商品