CD 輸入盤

Starring Rosi

Ash Ra Tempel (アシュ・ラ・テンペル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
14247
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Dieter Dierks(Bass),  Dieter Dierks(Percussion),  Harald Grosskopf(Drums),  Manuel Gottsching(Bass),  Manuel Gottsching(Guitar),  Manuel Gottsching(Guitar (Acoustic)),  Manuel Gottsching(Piano (Electric)),  Manuel Gottsching(Synthesizer),  Manuel Gottsching(Vocals),  Manuel Gottsching(Conga),  Manuel Gottsching(Mellotron),  Manuel Gottsching(Guitar (12 String Acoustic)),  Dieter Dierks(Engineer),  Heiner Friesz(Assistant Engineer),  Peter Geitner(Artwork),  Dieter Dierks(Choir Arrangement)

商品説明

Including more vocals (from guest Rosi Mueller) than any early Ash Ra LP, Starring Rosi spans guitar-virtuoso experimental rock (on Laughter Loving) fairy-tale acoustic pop (on Day Dream), and kosmische philosophy (on Interplay of Forces). Though it smacks of a school lesson (with Gottsching showing off his skills in a number of different styles), the album holds together surprisingly well. ~ John Bush, All Music Guide

収録曲   

  • 01. Laughter Loving (08:00)
  • 02. Day-Dream (05:21)
  • 03. Schizo (02:47)
  • 04. Cosmic Tango (02:06)
  • 05. Interplay Of Forces (08:58)
  • 06. Fairy Dance, the (03:07)
  • 07. Bring Me Up (04:33)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
@は、思わずGRATEFUL DEADを連想させる曲...

投稿日:2007/01/09 (火)

@は、思わずGRATEFUL DEADを連想させる曲。Bは、PINK FLOYDにおけるデイヴィッド・ギルモアそっくり。Cは、ロジのエコーがかりの声とゲッチングの巧いギターの掛け合いがスリリング。幻想的なFが本作最大の聴きどころだろう。全体的に小粒ながらゲッチングほどギター・プレイに閃光を感じさせる奏者がほかにいるだろうかと、このたび聴き直していたく感心。

BMHMB さん | 玉埼玉 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
サイケデリックでかなり軽ポップに傾いた作...

投稿日:2005/06/27 (月)

サイケデリックでかなり軽ポップに傾いた作風だが、ゲッチングらしいひとくせあるセンスが窺える。恋人ロジの朗読やエコーのきいたルーズな声がちりばめられていてその後ふたりが別れてしまうことを考えると、儚くも懐かしいアルバム。

HMB さん | 埼玉 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ash Ra Tempel

Along with Tangerine Dream, Ash Ra Tempel (later Ashra) was one of the first bands to convert the trippier side of late-'60s psychedelia into the kosmische rock of the '70s. Most Ash Ra titles were solely the work of Manuel Gottsching, plus any other additional players who happened to be around during the recording of his ten albums. Gottsching trained in classical guitar and studied improvisation

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品