LPレコード 輸入盤

Meets The Rhythm Section (アナログレコード/OJC)

Art Pepper (アート・ペッパー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
338
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ojc
オリジナル盤発売年
:
1957
フォーマット
:
LPレコード
クレジット
:

Art Pepper(Sax (Alto)),  Paul Chambers(Bass),  Philly Joe Jones(Drums),  Red Garland(Piano),  Lester Koenig(Producer),  Roy DuNann(Engineer),  Art Pepper(Composer),  Dizzy Gillespie(Composer),  Doug Sax(Mastering),  Johnny Mandel(Composer),  Johnny Mandel(Composer),  Lester Koenig(Liner Notes),  William Claxton(Cover Photo),  Shigeo Miyamoto(Mastering Engineer),  Tamaki Beck(Mastering Supervisor)

商品説明

By the time of this, Art Pepper's tenth recording as a leader, he was making his individual voice on the alto saxophone leave the cozy confines of his heroes Charlie Parker and Lee Konitz. Joining the Miles Davis rhythm section of pianist Red Garland, bassist Paul Chambers, and drummer Philly Joe Jones made the transformation all that more illuminating. It's a classic east meets west, cool plus hot but never lukewarm combination that provides many bright moments for the quartet during this exceptional date from that great year in music, 1957. A bit of a flip, loosened but precise interpretation of the melody on You'd Be So Nice to Come Home To gets the ball rolling, followed by a Bags Groove parallel with Red Pepper Blues, and a delicate, atypical treatment of Imagination. A compositional collaboration of Pepper and Chambers on the quick Waltz Me Blues and hard-edged, running-as-fast-as-he-can take of Straight Life really sets the gears whirring. Philly Joe Jones is a great bop drummer, no doubt, one of the all-time greats with Kenny Clarke and Max Roach. His crisp Latin-to-swing pace for Tin Tin Deo deserves notice, masterful in its creation and seamlessness. Pepper makes a typical Star Eyes brighter, and he goes into a lower octave tone, more like a tenor, for Birks Works and the bonus track The Man I Love. It's clear he has heard his share of Stan Getz in this era. Though Art Pepper played with many a potent trio, this one inspires him to the maximum, and certainly makes for one of his most substantive recordings after his initial incarcerations, and before his second major slip into the deep abyss of drug addiction. [The Super Audio release of Meets the Rhythm Section includes one bonus track, The Man I Love.] ~ Michael G. Nastos, Rovi

収録曲   

  • 01. You'd Be So Nice to Come Home To
  • 02. Red Pepper Blues
  • 03. Imagination
  • 04. Waltz Me Blues
  • 05. Straight Life
  • 06. Jazz Me Blues
  • 07. Tin Tin Deo
  • 08. Star Eyes
  • 09. Birks' Works

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
安い方のLPを買いましたが、下手なCDよ...

投稿日:2009/10/17 (土)

安い方のLPを買いましたが、下手なCDより音質が良かったです。 ドラムの存在感が雰囲気を盛り上げてくれます。

おさむくん さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
☆
☆
☆
はっきりいうが、数回聞けばあきる。リズム...

投稿日:2008/02/08 (金)

はっきりいうが、数回聞けばあきる。リズム隊は、マイルスとやっているときのような素晴しさもなく、手を抜いているかのようだ。確かにペッパーの演奏は華々しいのだが。あとアレンジ臭さも感じる。一聴の価値はあるが、繰り返すが、すぐに飽きが来るので注意。インテンシティ、モダンアート等、他の優れたアルバムを買ったほうがよい。

bubyuki さん | tokyo | 不明

1
★
☆
☆
☆
☆
SACD盤に関して。なんですかこれ、2曲目「R...

投稿日:2008/01/30 (水)

SACD盤に関して。なんですかこれ、2曲目「RED PEPPER BLUES」のトラック頭出し位置が違うじゃないですかっ!!!こんな名盤を、しかもSACD化しておいて、なんという稚拙な編集作業なんでしょうか。正直SACDの音質に関してもVictorのXRCD24盤に比べてすべてにおいて「情報量不足」を感じました。ディスクは買ってみたいとわからないだけに、こういう初歩的ミスは止めていただきたいです。

音キチ太郎 さん | 美しい国ニッポン | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Art Pepper

Despite a remarkably colorful and difficult life, Art Pepper was quite consistent in the recording studios; virtually every recording he made is well worth hearing. In the 1950s, he was one of the few altoists (along with Lee Konitz and Paul Desmond) who was able to develop his own sound despite the dominant influence of Charlie Parker. During his last years, Pepper seemed to put all of his life's

プロフィール詳細へ

Art Pepperに関連する商品情報

  • 没後35年アート・ペッパーのアトラスレコード作品復刻 第3弾 アート・ペッパー「West Coast Sessions!」復刻シリーズも今回でラスト。俳優やコメディアンとしても活躍したトランペット奏者ジャック・シェルドンとの共演作、名ドラマー、シェリー・マンら西海岸オールスターズとの豪華セッション盤2タイトル。 HMV&BOOKS online|2017年11月25日(土)
  • 没後35年 アルト名手アート・ペッパーのアトラスレコード作品復刻第2弾 今年2月にリリースされたソニー・スティットやピート・ジョリーとのセッション盤に続き、アトラスレコード録音の”サイド参加”作品が復刻。クール派アルト巨匠リー・コニッツとの初共演作、トロンボーン名手ビル・ワトラスとのセッション盤2タイトル。 HMV&BOOKS online|2017年8月9日(水)
  • 入手困難アート・ペッパー ATLAS盤2タイトルがボーナス追加で再登場 70年代半ば薬物中毒からカムバックを果たしたアート・ペッパー。サイド参加し吹き込んだアトラス・レコード盤2タイトルがボーナストラックを追加した新装丁で嬉しい再登場。 HMV&BOOKS online|2017年3月26日(日)
  • アルト・サックス巨匠アート・ペッパーのリリース続々! 西海岸を代表するアルト奏者にして名インプロヴァイザー、アート・ペッパー。晩年となる80年代に、パリ、ロンドン、ミラノで繰り広げた白熱のライヴがSSJよりプライスダウンで再登場。また、50年代のペッパーの名演を収めた『Mucho Calor』、『Marty Paich Quartet Feat. Art Pepper』の2タイトルが美麗紙ジャケット化。 HMV&BOOKS online|2016年4月21日(木)

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品