この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Aretha Now

Aretha Franklin (アレサ・フランクリン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
R2.71273
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1968
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Andrew Love(Sax (Tenor)),  Aretha Franklin(Piano),  Aretha Franklin(Vocals),  Bernie Glow(Trumpet),  Bobby Womack(Guitar),  Charles Chalmers(Sax (Tenor)),  Floyd Newman(Sax (Baritone)),  Frank Wess(Flute),  Frank Wess(Sax (Tenor)),  Haywood Henry(Sax (Baritone)),  Jerry Jemmott(Bass),  Jimmy Johnson(Guitar),  Joe Newman(Trumpet),  King Curtis(Sax (Tenor)),  Melvin Lastie(Trumpet),  Roger Hawkins(Drums),  Seldon Powell(Sax (Tenor)),  Spooner Oldham(Organ),  Spooner Oldham(Piano),  Spooner Oldham(Piano (Electric)),  Tommy Cogbill(Bass),  Tommy Cogbill(Guitar),  Wayne Jackson(Trumpet),  Willie Bridges(Sax (Baritone)),  Carolyn Franklin(Vocals (Background)),  Sweet Inspiration(Vocals (Background)),  Tony Studd(Trombone (Bass)),  Arif Mardin(Arranger),  Jerry Wexler(Producer),  Mardin(Arranger),  Tom Dowd(Arranger),  Tom Dowd(Engineer),  Tom Dowd(Producer),  Anthony Smith(Composer),  Big Bill Broonzy(Composer),  Burt Bacharach(Composer),  Clarence Paul(Composer),  Clyde Otis(Composer),  David Gahr(Photography),  David Nathan(Liner Notes),  David Porter(Composer),  Don Covay(Composer),  Donna Summer(Composer),  Donna Wyant(Composer),  Dorian Burton(Composer),  Ed Townsend(Composer),  Hal David(Composer),  Isaac Hayes(Composer),  Jimmy Cliff(Composer),  Keith Diamond(Composer),  King Curtis(Composer),  Loring Eutemey(Cover Design),  Mabon "Teenie" Hodges(Composer),  Ron Miller(Composer),  Ronald Dean Miller(Composer),  Ronnie Shannon(Composer),  Sam Cooke(Composer),  Steve Cropper(Composer),  Ted White(Composer),  Teddy White(Composer),  Bill Inglot(Digital Remastering),  Dan Hersch(Digital Remastering),  David Nathan(Research),  Gary Peterson(Research),  Michael Mazzarella(Research),  Patrick Milligan(Research),  Charles Chalmers

商品説明

「Lady Soul」と並び、アリサがアトランティック時代に残した最高傑作の1枚、それが’68年発表の本アルバムだ。全米ナンバー1となった彼女の代表曲「Think」を始め、ディオンヌ・ワーウィックのカヴァー「I Say A Little Prayer」や、サム・クックのカヴァー「You Send Me」等、ヴァラエティに富んだアリサの魅力が堪能できる。

収録曲   

  • 01. Think (02:19)
  • 02. I Say a Little Prayer (03:36)
  • 03. See Saw (02:46)
  • 04. Night Time Is the Right Time, The (04:50)
  • 05. You Send Me (02:29)
  • 06. You're a Sweet Sweet Man (02:19)
  • 07. I Take What I Want (02:33)
  • 08. Hello Sunshine (03:03)
  • 09. Change, A (02:27)
  • 10. I Can't See Myself Leaving You (03:01)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
60年代のアレサのアルバムのなかでは、「I ...

投稿日:2013/04/14 (日)

60年代のアレサのアルバムのなかでは、「I Never Loved A Man The Way I Love You(貴方だけを愛して) ] 「LadySoul」と「Aretha Now」が代表作という位置づけになるかと思いますが、冒頭の「Think」 Tr2の「小さな願い」Tr3「シーソー」と名曲がたくさん収録されており、アルバム全体としてのバランスにも優れているのがこの「Aretha Now」といってもよいかと思います。 Tr1のシンクは、後年映画BluesBrothersでも圧巻のパフォーマンスを見せていますがその原曲が収録されています。 またTr2のバートバカラック作「小さな願い」は、60年代のアレサのなかでは異色といえば異色かもしれませんが、普遍的な名曲として仕上がっていると思います(曲がバカラックですし、その意味からしても、決してR&B的とはいえないかもしれませんが、名曲/名唱であることは間違いないと思います)。 個人的には「ナイトタイム…」や「ユーセンドミー」もお勧めです。 アレサを初めて聞く方にお勧めの一枚です。

FSMA さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
☆
1968年盤。いわゆる一般的には「珠玉の一枚...

投稿日:2011/12/19 (月)

1968年盤。いわゆる一般的には「珠玉の一枚」と言われているアルバムです。日本ではこの盤がセールス・ナンバーワンだったのではないでしょうか。私は当時から今もそこまでではありません。マニア好みではないんでしょうね。選曲はマニア好みのものが足りないです。とか言ってベストワンは 10曲目。軽いミディアム曲です。

シスター・ミツコ さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Aretha Franklin

"レディ・ソウル"アレサは14歳でデトロイトのJVBから遂にシンガー・デビューを果し、1960年、CBSコロンビアから「Today I Sing The Blues」で正式デビュー。66年アトランティック・レコードと契約、67年シングル「Respect」で名実共にR&B界の”女王”として君臨。68 年から70まで3年連続でグラミー賞最優秀R&B女性アーティストを受賞。70年代にも、サイモン&ガー

プロフィール詳細へ

Aretha Franklinに関連する商品・チケット情報

ソウル/ファンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品