CD 輸入盤

Best Of The Animals

Animals (アニマルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4324
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Canada
オリジナル盤発売年
:
1966
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Alan Price(Keyboards),  Chas Chandler(Bass),  Eric Burdon(Vocals),  Hilton Valentine(Guitar),  John Steel(Drums),  Hilton Valentine(Engineer),  Mickie Most(Producer),  Al Kooper(Composer),  Alan Price(Composer),  Bert Russell(Composer),  Carl Derrico(Composer),  G. Caldwell(Composer),  John Hammond Jr(Composer),  Johnnie Mae Matthews(Composer),  Public Domain(Composer),  Ray Charles(Composer),  Roger Atkins(Composer),  S. Marcus(Composer),  Traditional(Composer),  Wes Farrell(Composer),  Alan Price,  Brooke Chandler,  Eric Burdon,  Hilton Patterson,  John Steel

商品説明

There had been so many compilations of the Animals' hits by 2000, between England and America and the various labels that had owned the rights to their catalog, that this single-CD, 20-song collection mostly passed listeners by without much notice. But it is worth owning, and not just for the generally good sound -- there are lots of excellent-sounding CDs on the Animals' work out there. The appeal lies in the programming, which is confined primarily to the group's Mickie Most-produced EMI catalog -- the only exceptions are the Tom Wilson-produced Don't Bring Me Down and Inside-Looking Out that close the CD). But included here, apparently for the first time on a hits compilation, is the seven-minute uncut Talkin' 'Bout You, an epic performance that rates alongside he band's best released work of the '60s, which first surfaced on the 1990 double-CD Complete Animals. Its presence elevates this collection above most of the competing hits assemblies devoted to this band. ~ Bruce Eder, Rovi

収録曲   

  • 01. House Of The Rising Sun (04:31)
  • 02. I'm Crying (02:47)
  • 03. Baby, Let Me Take You Home (02:23)
  • 04. Around And Around (02:46)
  • 05. Talkin' Bout You (01:54)
  • 06. Don't Let Me Be Misunderstood (02:28)
  • 07. Boom Boom (03:03)
  • 08. Dimples (03:17)
  • 09. We Gotta Get Out Of This Place (03:16)
  • 10. I'm In Love Again (03:03)
  • 11. Burn My Body (02:52)
  • 12. Gonna Send You Back To Walker (02:25)
  • 13. Story Of Bo Diddley (05:44)
  • 14. It's My Life (03:13)
  • 15. Bring It On Home To Me (02:35)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
60年代初め英国、Newcastle(upon Tyne)の...

投稿日:2010/02/07 (日)

60年代初め英国、Newcastle(upon Tyne)の”R&B,Rhythm and Blues”のバンド。後に改名して、「エリック・バードン アンド ジ・アニマルズ」となった。 アラン・プライスのオルガンは素晴らしくブルージー、バードンのヴォーカルはソウルフルで個性的です。 Beatles,Stonesのリマスターや再発は商業的に恐らく成功したでしょう。 次はどうか”Animals”にスポットを当てて欲しい。そのベスト盤です。 小生は「朝日のあたる家、The House of The Rising Sun」で60年代の中盤から後半にラジオで知ったのかなぁー。 日本では、尾藤イサオさん、他 Bob Dylan, Nina Simone, Venturesなど多くのミュージシャンが収録してます。 本来の歌詞は悲しい内容です。歌詞を変えて歌っておられる方もあるようです。 つい最近だったか特殊法人ラジオ局の番組にて、なぎら健壱さん曰く「かなり調べましたが、結局原曲の作詞作曲者不明でした。何故か日本の住宅屋さん?がTVのCMのバックに使っていた。何か勘違いじゃないかなぁ〜」とおっしゃってました。 局の方の笑い声が聞こえました。 「とても笑えない厳しい悲しい現実」を歌にした作品です。 「悲しき願い、Don’t Let Me Misunderstood」と共に印象に残る凄い曲です。 「朝日のない街、We’ve Gotta Get Out Of This Place」も凄いタイトルです。 この当時のライヴ音源があれば是非、発掘して「光」を当ててほしいものです。

0
★
★
★
★
★
"MyBabyFun!!"デ始マル、6曲目「クラブ・ア・ゴー・ゴー...

投稿日:2007/10/29 (月)

"MyBabyFun!!"デ始マル、6曲目「クラブ・ア・ゴー・ゴー」ガ気に入ッテイルンダケドネ、歌詞ヲ聴イテイルト〜"モンキーズ","ビートルズ","ローリング・ストーズ"ッテ、歌ッテイルンダヨ。"ジミー・リード"マデ出テキチャウノヨ。コノアルバムヲクリアシタ方ハ、「Just Jimmy Reed」アタリヲ探シテ聴イテミテ!赤ト 黒ノコントラストノアルバム・ジャケットモ飾リ甲斐ノアル、ジミー・リードッテ酔ッ払イノオジサンダッタケド、"ロックノ殿堂入リ"シテル!アニマルズノMemberハ、ジミー・リードガ好きダッタノカモネ!!

マリチャン さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
"MyBabyFun!!"デ始マル、6曲目「クラブ・ア・ゴー・ゴー...

投稿日:2007/10/29 (月)

"MyBabyFun!!"デ始マル、6曲目「クラブ・ア・ゴー・ゴー」ガ気に入ッテイルンダケドネ、歌詞ヲ聴イテイルト?"モンキーズ","ビートルズ","ローリング・ストーズ"ッテ、歌ッテイルンダヨ。"ジミー・リード"マデ出テキチャウノヨ。コノアルバムヲクリアシタ方ハ、「Just Jimmy Reed」アタリヲ探シテ聴イテミテ!赤ト 黒ノコントラストノアルバム・ジャケットモ飾リ甲斐ノアル、ジミー・リードッテ酔ッ払イノオジサンダッタケド、"ロックノ殿堂入リ"シテル!アニマルズノMenberハ、コノ 人好きダッタノカモネ!!

マリチャン さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Animals

One of the most important bands originating from England's R&B scene during the early '60s, the Animals were second only to the Rolling Stones in influence among R&B-based bands in the first wave of the British Invasion. The Animals had their origins in a Newcastle-based group called the Kansas City Five, whose membership included pianist Alan Price, drummer John Steel, and vocalist Eric Burdon. P

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品