CD 輸入盤(国内盤仕様)

Fado

Andre Vaz

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AZR7129
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

この秋来日公演が決定!
情熱のファディスタ、待望の日本デビュー盤!!

 日本では相変わらずアマリア・ロドリゲス(1920-99)の存在が大きいファド・シーンですが、一方で古き良きオーソドックスなスタイルを継承する若いファディスタを紹介する新たな動きも出てきています。それが昨年からスタートした“Fado no Jap黍モというイヴェントで、その第一回目のゲストは弊社が『心の中のファド』(PVR-7086)を配給している若手女性歌手デボラ・ロドリゲスで、昨年秋に各地で公演を開催しました。そして第二回目となる今年に招待されているのがこちらのアンドレー・ヴァズです。
 アンドレー・ヴァスは1983年、ファドを愛好する家庭に生まれ、家族だけでなく周囲の影響もあって幼少期からファドに親しんでゆきました。1993年には9歳にしてリスボン最大のファド・コンクールに決勝まで勝ち残り、ファドのエリートとしてのキャリアをスタートさせます。その後有名なファド・ハウスに出演する一方、ポルトガルが誇る映画監督マノエル・デ・オリヴェイラの作品や、ファド歌劇の最高峰として知られる「Amlia」にも出演するなど、順調にファド歌手人生を歩んできました。そして今年になるとリスボン市による観光客へのプレゼンテーション・コンサートに若手男性ファディスタを代表して出演するようになり、シンプルなファド本来のスタイルを毎夜聴かせてくれています。そんな今の彼のファド・スタイルをそのまま具現化したのが本作という訳です。
 アンドレーにとってデビュー作でもある本作は、マリーザやカルミーニョ、ラケル・タヴァレスといった大物歌手も手掛けてきたディオーゴ・クレメンテがプロデュースを担当。カルロス・ラモスや、マヌエル・フェルナンデス、マリア・ダ・フェーなどの名ファド歌手たちが60年代〜00年代までの幅広い時期に残したファド・ナンバーをここで取り上げていますが、これまで他の歌手がほとんど録音してこなかった知られざるものを敢えてチョイスしています。アンドレーは「これを聴いた人が昔のファドを思い出したり、若い世代がこのアルバムを入口に古く美しい曲に興味を持って古い音源を探したりしてくれれば嬉しいと思っている」と、このアルバムへの想いを語っています。
 原点回帰に向かっている本場リスボンの若手ファド・シーンの動きを形にした注目の1枚。その素晴らしい歌声を是非ご堪能ください。
(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

子供の頃から喉自慢として評判を呼んだという、83年生まれのファド歌手、アンドレー・ヴァスの待望のデビュー作。1960年代以降のさまざまなファド曲を奇を衒わずに取り上げている。しっとり悠々、変わらなくてもいいポルトガルの哀愁を自然体で届けてくれる。(英)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Não vale a Pena
  • 02. Maria da Madragoa
  • 03. Longe de ti
  • 04. Depressa, Vem Depressa
  • 05. A moldura dos meus olhos
  • 06. Última carta
  • 07. Rua dos desejos
  • 08. Tarde ou cedo
  • 09. Umas quadras de saudade
  • 10. Não volto a fazer as pazes
  • 11. Coração, se já morreste

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヨーロッパ に関連する商品情報

おすすめの商品