この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

Hearsay (Remastered)

Alexander O'Neal (アレクサンダー・オニール)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
43846
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1987
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Alexander O'Neal(Vocals),  Cherrelle(Vocals),  David Eiland(Saxophone),  Jellybean Johnson(Keyboards),  Jellybean Johnson(Percussion),  Jimmy Jam(Keyboards),  Jimmy Jam(Percussion),  Steve Hodge(Percussion),  Terry Lewis(Percussion),  Cherrelle(Vocals (Background)),  James Greer(Handclapping),  Jellybean Johnson(Handclapping),  Jellybean Johnson(Vocals (Background)),  Jimmy Jam(Handclapping),  Jimmy Jam(Vocals (Background)),  Lisa Keith(Vocals (Background)),  Randy Ran(Vocals (Background)),  Terry Lewis(Handclapping),  Terry Lewis(Vocals (Background)),  Spencer Bernard(Sequencing),  Alexander O'Neal(Arranger),  Cherrelle(Arranger),  Jimmy Jam(Arranger),  Jimmy Jam(Producer),  Steve Hodge(Engineer),  Terry Lewis(Arranger),  Terry Lewis(Producer),  A. Scott Galloway(Liner Notes),  Alexander O'Neal(Rhythm Arrangements),  Brian Gardner(Mastering),  Clarence Avant(Executive Producer),  Dale Wehlacz(Art Direction),  Dale Wehlacz(Design),  James Harris(Composer),  Jellybean Johnson(Drum Programming),  Jellybean Johnson(Rhythm Arrangements),  Jimmy Jam(Drum Programming),  Jimmy Jam(Rhythm Arrangements),  Lisa Keith(Rhythm Arrangements),  Spencer Bernard(Programming),  Stafford(Photography),  Susan Owens(Production Coordination),  T. Lewis(Composer),  Terry Lewis(Composer),  Terry Lewis(Rhythm Arrangements),  David Eiland(Soloist),  Jellybean Johnson(Keyboard Programming),  Jellybean Johnson(Synthesizer Programming),  Jimmy Jam(Keyboard Programming),  Jimmy Jam(Synthesizer Programming),  Jerome Benton,  Karen Williams

商品説明

Alexander O'Nealのセカンドアルバムは、前作にも負けず劣らぬ内容。前半の怒涛のミネアポリス・ファンク攻撃をかますかと思えば、後半のバラード群にノックアウト寸前。
ニュー・ライナー・ノーツ&デジタル・リマスター盤。

収録曲   

  • 01. Intro (00:35)
  • 02. (What Can I Say) To Make You Love Me (05:27)
  • 03. Hearsay (04:18)
  • 04. Lovers (05:27)
  • 05. Fake (04:37)
  • 06. Criticize (04:11)
  • 07. Intro (00:28)
  • 08. Never Knew Love Like This (05:30)
  • 09. Sunshine (06:04)
  • 10. Crying Overtime (05:42)
  • 11. When the Party's Over (03:32)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
恐らく Jam & Lewis の最高傑作ではないで...

投稿日:2008/02/19 (火)

恐らく Jam & Lewis の最高傑作ではないでしょうか。彼らの曲には、Alex の声が良く合うこと。また、この人たちの組み合わせでアルバム作ってくれないかなー。

おさるのジョージ さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
★
★
Janet JacksonのRhythmNation 1814 のよう...

投稿日:2007/03/25 (日)

Janet JacksonのRhythmNation 1814 のように曲と曲との間にイントロを挟むジャム&ルイスの手法はこのアルバムが原点と思われる。特にFakeとCriticizeはこの人じゃないと歌えない。

boss さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
jam&lewisは最高峰のプロデューサーだと思...

投稿日:2006/03/23 (木)

jam&lewisは最高峰のプロデューサーだと思う。最強のアルバム。

smack さん | k | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Alexander O'Neal

This Minneapolis, Minnesota (via Natchez, Mississippi) soul man cut his teeth in the Time but bounced before the band signed with Warner Bros. His tough voice has the same grain and range as that of Otis Redding. Like that master, Alexander O'Neal was comfortable with pumping dancefloor burners and slinky couch-cuddlers. He's certainly the best singer Jimmy Jam and Terry Lewis have ever produced,

プロフィール詳細へ

Alexander O'Nealに関連する商品・チケット情報

  • Tabu再発にアレックスのボックス登場! Tabu Recordsの名盤リイシュー・シリーズもいよいよ大詰め!レーベルの看板アーティスト、アレクサンダー・オニールの8枚組ボックス追加! ローチケHMV|2013年10月25日(金)

ソウル/ファンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品