CD

Bonanza! 1960-1969

Al Caiola (アル カイオラ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VSCD5207
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
ベスト盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
カチューシャが入ってない、なので星4つ。...

投稿日:2011/06/08 (水)

カチューシャが入ってない、なので星4つ。あの曲が一番カッコいいんだけどなぁ、特にドラムが。当時のEP盤は持っているけど、プレイヤーが壊れてるし、CDが欲しいんだよなぁ。まあ気長に待つとしよう!

ベンチャーズ命 さん | 広島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
アル・カイオラというと1960年代に日本...

投稿日:2009/08/16 (日)

アル・カイオラというと1960年代に日本でも結構有名なギタリストで、彼自身の楽団を率いてアメリカのTV西部劇「ボナンザ」や荒野の七人のテーマをヒットさせた。今聴いても意気消沈していた気持ちがスーと消えて元気わくわくとなる。

兼やん さん | 宮崎県 | 不明

3

モダンジャズ に関連する商品情報

  • トミー・フラナガン『Overseas』がマスター盤プレッシングでアナログ再発 1950年代が生んだピアノ・トリオの名盤。オリジナルマスターから今回の為に新たにリマスターし、マスター盤プレッシング仕様の180グラム重量盤で復刻。 HMV&BOOKS online|1日前
  • 【LP】Down At Dawn Waxtime、Jazz Wax、Jazz Imagesの次に続くレーベルをお探しのジャズファンの皆さま!Down At Dawnがオススメです!この夏から定期的にリリースを続けており、安価ながらある種のキラーリリースが続いております! HMV&BOOKS online|1日前
  • 究極の”オルサー節”に酔う― ロベルト・オルサー 待望の澤野工房トリオ新録 今最も脂の乗っているピアニスト、ロベルト・オルサー 待望の澤野工房トリオ新録が登場。クリアで柔らかなタッチから紡ぎ出される目くるめく美旋律・・・究極の”オルサー節”に酔うピアノトリオの歴史に刻まれるべき名演がずらり。 HMV&BOOKS online|1日前
  • 伝説のその先へ〜レジェンド渡辺貞夫 白熱のライヴアルバム バップ回帰作『Re-Bop』やビッグバンドとの共演作など近年も精力的に演奏活動を続ける日本のジャズレジェンド渡辺貞夫。ラッセル・フェランテ(p)、ベン・ウィリウアムス(b)、ケンドリック・スコット(ds)ら実力派ミュージシャンたちと繰り広げた白熱のライヴ作品が登場。 HMV&BOOKS online|1日前
  • JAZZトランぺッター、ウォレス・ルーニーの2016年作LP化 伝説のアルバム「A Tribute to Miles」のトランぺッターと言った方が早いと思う、ポスト・マイルス・デイヴィスでお馴染みのJAZZトランぺッター、ウォレス・ルーニー2016年作「A Place in Time」がアナログレコードで登場! HMV&BOOKS online|2日前
  • 【輸入盤発売中】驚異の3枚組!ウェイン・ショーター5年半ぶり最新アルバム 現代ジャズ界最高のカリスマ、ウェイン・ショーター5年半ぶりの最新リーダー作が発売決定。不動のカルテットとオルフェウス室内管弦楽団とのコラボ音源、さらにはイギリスでのコンサート音源を収録した3枚組。ショーター自身のペンによるコミックブック(!)もセットにした完全限定盤。 HMV&BOOKS online|1日前

おすすめの商品