CD

Play With The Changes

4 Hero (フォーヒーロー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HSE30121
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Akwasi Mensah(Bass),  Akwasi Mensah(Guitar),  Akwasi Mensah(Guitar (Bass)),  Akwasi Mensah(Keyboards),  Bembe Segue(Vocals),  Brad Munn(Flute),  Brad Munn(Guitar),  Brad Munn(Guitar (Acoustic)),  Brad Munn(Piano),  Calina de la Mare(Violin),  Carina Andersson(Vocals),  Darien Brockington(Vocals),  David E. Williams(Violin),  Face(Vocals),  Fiona Brice(Violin),  Jason Yarde(Saxophone),  Jo Archard(Violin),  Joanne Davies(Violin),  Jody Watley(Vocals),  Kaidi Tatham(Drums),  Kaidi Tatham(Flute),  Kaidi Tatham(Keyboards),  Kaidi Tatham(Percussion),  Kaidi Tatham(Vocals),  Luke Parkhouse(Drums),  Luke Parkhouse(Percussion),  Marc Mac(Guitar (Bass)),  Marc Mac(Percussion),  Marc Mac(Piano),  Marc Mac(Synthesizer),  Mark Crown(Trumpet),  Matt Lord(Drums),  Matt Lord(Guitar),  Matt Lord(Guitar (Bass)),  Matt Lord(Percussion),  Paul Allen(Guitar),  Richard Spaven(Drums),  Sarah Button(Violin),  Terry Brown(Vocals),  Andy Hamill(Double Bass),  Bembe Segue(Vocals (Background)),  Brad Munn(Fender Rhodes),  Carina Andersson(Vocals (Background)),  Chris Worsey(Cello),  Deborah Jordan(Vocals (Background)),  Dtx(Vocals (Background)),  Face(Vocals (Background)),  Hillside Connection(Horn),  Hillside Strings(Strings),  Jason and the Angrynotes(Horn),  Jody Watley(Vocals (Background)),  Katherine Shave(Viola),  Luke Parkhouse(Conga),  Marc Mac(Fender Rhodes),  Reiad Chibah(Viola),  Roslyn Stewart(Vocals (Background)),  Terry Brown(Vocals (Background)),  Walking Bear(Vocals (Background)),  Marc Mac(Arp),  Marc Mac(Glockenspiel),  Marc Mac(Mellotron),  Marc Mac(Moog Synthesizer),  Marc Mac(Synthesizer Bass),  Brad Munn(Indian Harp),  Jason Yarde(Horn Engineer),  Marc Mac(Arp 2600),  Marc Mac(Tambura),  Ursula Rucker(Spoken Word),  Akwasi Mensah(Producer),  Kaidi Tatham(Producer),  Marc Mac(Arranger),  Marc Mac(Producer),  Matt Lord(Producer),  Paul Fletcher(Engineer),  Jack Davey(Vocal Arrangement),  Larry Mizell(Composer),  Marc Mac(Programming),  Mr. Good Good(Editing),  Mr. Good Good(Mixing),  Nathan Jalani Taylor(Artwork),  Sam Moore(Assistant Engineer),  Shawn Joseph(Mastering),  Stevie Wonder(Composer),  Ursula Rucker(Composer),  Frezna(Coordination),  Jody Watley(Vocal Producer),  Mista French(Coordination),  Rodney Lee(Vocal Producer),  Darren White(Label Coordination)

追加情報
:
国内盤:Bonus Trackとライナーノーツが付いた独自仕様盤


『Play With The Changes 』発売記念インタビュー

インタビューページはこちら

商品説明

Marc MacとDegoによるユニット、4 Heroの6年ぶりとなるアルバム。そのタイトル『Play With The Changes』は、常にジャンルの枠にとらわれず、新しいビートを生み出してきた彼らの音楽スタイルを表している。今作でもJody Watley、Ursula Rucker、Kaidi Taitham、Benbe Segueらの豪華なゲストヴォーカル陣は健在。

内容詳細

常にシーンのパイオニアとしてダンス・ミュージックに革新をもたらしてきた4 heroのアルバム。ジャズ、ハウス、ブロークンビーツ、テクノ、ドラムンベースに加え、生音を全面的に導入した唯一無二の作品に仕上がっている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
懐しい音(70年代〜)も随所に見え隠れしつつ...

投稿日:2007/05/04 (金)

懐しい音(70年代〜)も随所に見え隠れしつつ…ちゃんと今の音なのが上手いなぁ〜とか感心して聴いてるうちに、どんどんハマって行っちゃうんですけど(^o^;)♪Dが一番好み、F〜の流れに混沌とした(ナントナク)良さがあって好きだわ〜♪ 世間話みたいですみません。

musuka さん | 札幌 | 不明

0
★
★
★
★
★
あまりにも尊厳なブラックミュージック。ここまで来...

投稿日:2007/02/13 (火)

あまりにも尊厳なブラックミュージック。ここまで来たかと、感嘆する。過去と現在をうまくとけあわせています。これを退屈と感じるなら…まだあなたに深みがたりないということでしょう

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

4 Hero

Consistently on the front lines of the drum'n'bass battleground, the duo of Dego (McFarlane) and Marc Mac (Mark Clair) nevertheless failed to receive the exposure of luminaries like Goldie and Roni Size, mostly because they didn't release much 4hero material during jungle's crucial crossover years, from 1994 through 1997. Despite beginnings in London's hip-hop underground during the mid-'80s, the

プロフィール詳細へ

4 Heroに関連する商品・チケット情報

  • 4 hero全面監修のカバー・アルバム! 自身が選び抜いた精鋭バンドによる全曲生演奏カバー・アルバムが完成!究極にエレガントなダンス・ミュージックがここに! ローチケHMV|2009年9月25日(金)
  • 4 heroサウンドを昇華した1枚! 4heroから良質なカバーアルバムがリリースされます。Christian Prommer's DrumlessonやSonar Kollektiv Orchester、re:jazzのカバー曲を収録。 ローチケHMV|2009年12月11日(金)

ハウス/クラブミュージック に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品