この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

渡辺範彦 Paris Live Recordings

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WNNH1001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

渡辺が69年のパリ国際ギター・コンクールで優勝した時の本選のライヴという、珍しい録音が登場した。ラジオ・フランスに保存されていたんだね。聴けば、なるほど、圧勝したのがうなずける。もうすでに立派な表現力を備えた一流のギタリストだった。ギター・ファンは聴いておいた方がいい。★(T)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
さて、このCD、収録時間はわずか43分。 そ...

投稿日:2010/05/18 (火)

さて、このCD、収録時間はわずか43分。 それに、肝心の本選の録音はモノラル。 結構、くしゃみなどのノイズもあります。 しかし、そんなことは、全く気になりません。 ポンセのソナタ第3番の第2楽章(2曲目)で思わず、ホロっときてしまいまして。 うーん、やられたという感じです。 第3楽章(3曲目)の演奏終了後、一瞬の沈黙が... そののちに、拍手がすうっと湧き上がってきます。 あまりの演奏の見事さに会場の聴衆が我を忘れていたということなんでしょう。 特に76年の客演演奏でのダウランドの3曲は絶品ではないかと思います。 個人的には、パイパー船長のガリアード(5曲目)がお気に入りです。 (あえて難をいえば、あの有名なカヴァティーナのスケルティーノ(10曲目)で、演奏が崩れてしまうところでしょうか) とにかく、一人でも多くの人に聴いてもらいたい。 そう強く思わせる数少ないCDの一つといえるでしょう。

kt01mk さん | 新潟県 | 不明

2

器楽曲 に関連する商品情報

  • 【在庫特価】ユーリー・エゴロフ/放送録音集(10CD) ブラームス、ショパン、ベートーヴェン、チャイコフスキーなどのコンチェルトの数々に、ショパンのエチュード、リストのラ・カンパネラ、シューベルトのソナタと楽興の時にプロコフィエフのソナタ、ブラームスとシューベルトの室内楽などを収めた非常に充実した内容になっています。 ローチケHMV|2時間前
  • 朴 葵姫/『Harmonia - ハルモニア -』 クラシック・ギター界で群を抜く朴 葵姫(パク・キュヒ)による2年ぶりとなる5thアルバムは、ギタリストがギタリストのために書いた作品の小品を取り上げます。 ローチケHMV|1日前
  • 【入荷】アイリーン・ジョイス スタジオ録音全集(10CD) 1933年から1959年のアイリーン・ジョイスのスタジオ録音全集(ピアニスト、チェンバロ奏者両方としての)が10枚組CDの限定盤BOXで発売されます。豪華な写真、解説(欧文)が入ったブックレット付きです。 ローチケHMV|1日前
  • アルベルト・ギノバルト/『ノクターン』 スペインで現在最も有能なピアニスト及び作曲家として活躍するアルベルト・ギノバルトの新録音です。 ローチケHMV|2日前
  • 吉野直子/ハープ・リサイタル3 世界的ハーピスト、吉野直子の自主レーベル“grazioso”からのソロ録音シリーズ第3弾。ドイツとオーストリアの大作曲家たち〜シューマン、シューベルト、モーツァルト、メンデルスゾーン、ブラームス、バッハが作曲したピアノやヴァイオリンの名曲をハープで演奏。 ローチケHMV|5日前
  • メルニコフが難曲4曲を4種のピアノで弾き分け 何ごとにも深いこだわりを見せるメルニコフが、難曲『シューベルト:さすらい人幻想曲』、『ショパン:12の練習曲Op.10』、『リスト:ドン・ジョヴァンニの回想』、『ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの3楽章』の4曲を、4種の楽器で演奏・録音しました。 ローチケHMV|5日前

おすすめの商品