保育の場で子どもの心をどのように育むのか 「接面」での心の動きをエピソードに綴る

鯨岡峻

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784623072613
ISBN 10 : 4623072614
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
鯨岡峻 ,  
追加情報
:
303p;21

内容詳細

なぜいま、保育において子どもの心の育ちを考えることが必要なのでしょうか?また、なぜ保育者と子どものあいだの「接面」をエピソードに描く必要があるのでしょうか?―本書では心を育てる保育こそ真の意味で「子どもの最善の利益」を考えることに繋がるという観点に立ち、子どもを育てる営みの基本に立ち返りながら、いま保育において大切にしたい“子どもの心の育ち”について、保育者の描いたエピソードを通して振り返り、考えていきます。

目次 : 序章 子どもの心を育てる保育と「子どもの最善の利益」/ 第1章 「心を育てる」ことと「養護の働き」/ 第2章 保育の基本は「接面」での営みにある/ 第3章 子どもを育てる営みの基本に立ち返る/ 第4章 これまでの議論をエピソードを通して振り返る/ 終章 「子どもの最善の利益」を「子どもの幸せ」の観点から捉え直す

【著者紹介】
鯨岡峻 : 京都大学名誉教授。中京大学心理学部客員教授。京都大学博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鯨岡峻

現在、京都大学名誉教授。京都大学博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品