バロックの光と闇

高階秀爾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093860697
ISBN 10 : 4093860696
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
追加情報
:
22cm,285p

内容詳細

諸芸術のジャンルの溶解、近代システムの破綻、現代はまさしく新しいバロックの到来といえよう。いまバロックが再び人々の熱い視線を浴びている。西洋美術史研究の第一人者がバロック芸術の全体像を解き明かす。

【著者紹介】
高階秀爾 : 1932年東京生まれ。53年東京大学教養学部教養学科卒業。東京大学大学院在学中54〜59年フランス政府招聘給費留学生として渡仏、パリ大学付属美術研究所およびルーヴル学院で西洋近代美術史を専攻。59年国立西洋美術館勤務。71年東京大学文学部助教授。79年同教授。92年国立西洋美術館館長。2000年退職。東京大学名誉教授。パリ第一大学名誉博士。1971年芸術選奨文部大臣賞、72年翻訳文化賞、81年フランス、芸術文芸シュヴァリエ勲章、88年放送文化賞、89年フランス、芸術文芸オフィシエ勲章、97年フランス、芸術文芸コマンドール勲章、明治村賞、98年日本文化デザイン大賞、2001年フランス、レジオン・ドヌールシュヴァリエ勲章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高階秀爾

1932年、東京生まれ。美術史家。2012年、文化勲章受章。国立西洋美術館館長などを経て、岡山県倉敷市・大原美術館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品