ブラック・カルチャー観察日記 黒人と家族になってわかったこと P‐Vine BOOKs

高山マミ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784906700035
ISBN 10 : 4906700039
フォーマット
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
272

商品説明

等身大で進行形のブラック・カルチャーが見えてくる!
黒人男性を見かけると「ブラザー!」なんて呼びかけていませんか?
黒人はアフロ・ヘアを誇りに思っている、と思い込んでいませんか?
ステレオタイプはもう捨てよう!
シカゴで黒人の夫と暮らし、一般ブラック・ピープルたちの考えや行動、生活習慣を肌で知る著者が、ユーモアとシニカルな視点で書きつづった、アメリカ黒人の本当の姿。
衣食住、教育、音楽、映画、文学、スポーツなどなど、さまざまなテーマにわたり、魅力的だけど不可解なブラック・カルチャーを紹介します。

内容詳細

黒人男性を見かけると「ブラザー!」なんて呼びかけていませんか?黒人は皆、アフロ・ヘアを誇りに思っている、と思い込んでいませんか?ステレオタイプはもう捨てよう!シカゴで黒人の夫と暮らし、一般ブラック・ピープルたちの考えや行動、生活習慣を肌で知る著者が、おどろき、あきれ、ときには笑って、ときには怒り、ユーモアとシニカルな視点でつづったアメリカ黒人の本当の姿。食べもの、住まい、男と女、家族、教育、音楽、映画、スポーツ、政治、犯罪、などなど、さまざまなテーマを通し、いっしょに暮らしてみないとわからない、等身大で進行形のアメリカン・ブラック・カルチャーを紹介。

目次 : 1 日々のくらしから(B・P・タイム/ 頭は悪いのがクール ほか)/ 2 肌の色とともに(異人種間結婚の大きな壁/ アンクル・トムたち ほか)/ 3 音楽とスポーツ(オンチだっているさ/ 「sanger」は最高の賛辞 ほか)/ 4 男のひみつ(お花畑の天然記念物/ 男同士の秘密のあいさつ ほか)/ 5 女のきもち(グッド・ヘアー信仰/ わたしたちの男を盗らないで! ほか)

【著者紹介】
高山マミ : フリーの写真家、ライター。東京・日本橋出身。明治学院大学英文科卒業。写真は植物、建築、人物、風景、ストリートからブツ撮りまでジャンルレス。アメリカベースだが、日本の書籍や雑誌、ショップなどでも活躍中。現在、シカゴアンの夫とともにシカゴ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • zonetripper30xx さん

    シカゴ在住の黒人と結婚した日本人女性の体験的黒人文化論。興味深いエピソードも多いが、著者の夫はミドルクラス出身で超優秀校を出てIT企業に勤めているらしく、そういうエリート的高みからの視点で、典型的アメリカ黒人像をフラットに語ることが出来るのか、疑問に思える箇所も多々。言ってみれば「上から目線」の黒人論。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高山マミ

東京都に生まれる。フォトグラファー、エッセイスト。明治学院大学英文科に在学中から世界各地四十ヵ国を旅してまわり、卒業後はフリーランスのフォトグラファーとして活動する。2004年、ITコンサルタントでシカゴ出身の黒人男性と結婚。アメリカ在住十五年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • ジェーン・スーAERA人気連載書籍化 「未婚のプロ」から生活応援大使まで幅広くこなすスー・パイセンの、鋭い洞察力と軽妙痛快に「自分へのご褒美&投資」記録を綴ったスー・パイセンの新刊「今夜もカネで解決だ」。 ローチケHMV|1日前
  • 川口俊和「この嘘がばれないうちに」 愛する人を想う気持ちが生み出した、不器用でやさしい4つの「嘘」−45万部を突破した『コーヒーが冷めないうちに』の7年後を描く、期待の新刊。 ローチケHMV|1日前
  • 池井戸 潤「アキラとあきら」 いきなり文庫で登場! 2006年から2009年に徳間書店発行の月刊小説誌で連載されていた池井戸潤「「アキラとあきら」が書き下ろし文庫で5/31発売。 ローチケHMV|1日前
  • 又吉直樹、注目の第二作「劇場」 「新潮」4月号に掲載され話題を呼んだ「劇場」がついに5/11に発売決定! ローチケHMV|1日前
  • 湊かなえ 「リバース」 『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集し、4月ドラマ化!湊かなえサスペンスワールド「リバース」。 ローチケHMV|6日前
  • この爺ちゃん、ただものではない!? 大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。中山七里「秋山善吉工務店」 ローチケHMV|6日前

おすすめの商品