須賀敦子エッセンス 2 本、そして美しいもの

須賀敦子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026787
ISBN 10 : 4309026788
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
湯川豊 ,  
追加情報
:
264p;20

内容詳細

須賀敦子に出会う最良の入門書であり愛読者にとってはあらたな魅力発見のための決定版アンソロジー。おまえはすぐ本に読まれると、いつも母親に叱られていた少女時代。そのころの喜びに満ちた本との出会いを描く『遠い朝の本たち』からの4篇はじめ、心ときめかせた「美しいもの」や尊敬してやまない作家たちについてつづった作品など、須賀文学誕生の源泉を明かす17篇、およびサバの訳詩7篇収録。

目次 : 1 本(ベッドの中のベストセラー/ まがり角の本/ 父の鴎外/ ダフォディルがきんいろにはためいて…/ さくらんぼと運河とブリアンツァ/ 皇帝のあとを追って/ 黒い廃墟/ オリーヴ林のなかの家/ ふるえる手)/ 2 美しいもの(リヴィアの夢―パンテオン/ アラチェリの大階段/ 舗石を敷いた道/ 図書館の記憶/ チェザレの家/ 舞台のうえのヴェネツィア/ ヒヤシンスの記憶/ トリエステの坂道)/ 3 サバの詩七篇(三本の道/ われわれの時間/ 娘の肖像/ よろい戸が閉まっていて―カンツォネッタ/ 町はずれ/ ミラノ/ 薔薇についてのヴァリエーション)

【著者紹介】
須賀敦子 : 1929年兵庫県生まれ。聖心女子大学卒業。1953年よりパリ、ローマに留学、その後ミラノに在住。71年帰国後、慶應義塾大学で文学博士号取得、上智大学比較文化学部教授を務める。91年、『ミラノ霧の風景』で講談社エッセイ賞、女流文学賞を受賞

湯川豊 : 1938年新潟県生まれ。64年慶應義塾大学文学部卒業、同年文藝春秋入社。「文學界」編集長、同社取締役を経て、東海大学教授、京都造形芸術大学教授を歴任。2010年『須賀敦子を読む』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

須賀敦子

1929年、兵庫県生まれ。1953年よりパリ、ローマに留学、その後ミラノに在住。日本文学を多くイタリア語に訳した。89年『マンゾーニ家の人々』(N・ギンズブルグ著)の翻訳でピーコ・デッラ・ミランドラ賞、91年『ミラノ 霧の風景』で女流文学賞、講談社エッセイ賞を受賞。1998年没(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品