抵抗の拠点から 朝日新聞「慰安婦報道」の核心

青木理

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062193436
ISBN 10 : 4062193434
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
253p;19

内容詳細

緊急出版!慰安婦報道の「戦犯」と呼ばれた植村隆、市川速水、若宮啓文、本多勝一ら朝日関係者に徹底取材。報道の現場から問題の全真相をルポルタージュし、バッシングの背後にうごめく歴史修正主義をえぐり出す。闘うジャーナリストが、右派の跳梁に抗する画期的な一冊!

目次 : 第1章 朝日バッシングに異議あり!(朝日問題はなぜ「歴史的な事件」なのか/ 朝日バッシングの背景と本質)/ 第2章 歴史を破壊する者たちへ(黒々とした歴史修正主義の蠢き/ 総転向状態に陥ったメディア/ やわな「良識」を超えて/ 『週刊現代』の「逆張り」/ 脅迫に屈する大学、抗う大学/ 普通が特異になる異常な状態/ 深代惇郎と『天人』/ 巨大誤報に頬被りするメディア/ 朝日新体制はジャーナリズムの使命を果たせるか)/ 第3章 全真相・朝日新聞「慰安婦報道」(「売国奴」と呼ばれた記者の現在/ 朝日で「記者トップ」をきわめた男/ 現役編集幹部は何を語るか)

【著者紹介】
青木理 : 1966年長野県生まれ。共同通信入社後、成田支局、大阪社会部などを経て、東京社会部では公安担当。オウム真理教事件、阪神・淡路大震災をはじめ様々な事件・事故取材に携わる。2002年から四年間、ソウル特派員。06年退社し、フリーとなる。テレビ・ラジオなどのコメンテーターとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

青木理

1966年生まれ。共同通信記者を経て、フリーのジャーナリスト、ノンフィクション作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品