品性下劣な中国人 彼らが世界中から嫌われる理由 扶桑社新書

陳破空

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594071516
ISBN 10 : 4594071511
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
追加情報
:
211p;18

内容詳細

欺瞞と虚栄、猜疑心と面子…目的のためなら弾圧も陰謀も辞さない現代中国人の素顔に迫る。天安門事件主要メンバーとして民主化を叫び、投獄、そしてアメリカ亡命…激動の中国を生き抜いた陳破空氏が煩悩と欲望にまみれ、道徳心を捨てた現代中国人を一刀両断!なぜ中国人は世界から嫌われるのか?その答えが本書にある。

目次 : 第1章 天下統一から始まった中国人の劣化/ 第2章 中国人はなぜ嘘をつくのか/ 第3章 金のためなら手段を選ばない/ 第4章 衣食足りても礼節知らず/ 第5章 いつでも傍観者の中国人/ 第6章 面子にこだわる病的な虚栄心/ 第7章 大国の小民 下衆な国民性/ 第8章 中国式エンタテイメント・内ゲバ/ 第9章 中国人 世界で醜態をさらす/ 第10章 暴君 暴政 暴民

【著者紹介】
陳破空 : 1963年四川省生まれ。上海同済大学在学中に学生運動の中心メンバーとして民主化運動を主導。その後、中山大学で教鞭を執っていた際、広東の民主化運動リーダーとして天安門事件に参加。2度の投獄を経てアメリカに亡命。現在はニューヨーク在住。テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

陳破空

1963年、四川省三台県生まれ。湖南大学、同済大学に学ぶ。85年、胡耀邦総書記に政治改革を直訴し、翌年、上海での民主化組織の立ち上げに関与するなど、中国の民主化運動をリード。87年、広州の中山大学経済学部助教授。89年、天安門事件に呼応し、広州での民主化運動をリーダーとして主導。同年及び93年に投獄

プロフィール詳細へ

陳破空に関連する商品情報

  • 中国政治の真の姿を明かす 天安門事件の主要メンバーが、血塗られた権力闘争の真実から、中国の過去と未来を語った『赤い中国の黒い権力者たち』。陰謀、暗殺、弾圧……。独裁者の真実を明かした一冊。 HMV&BOOKS online|2014年7月7日(月)

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品