CD

人生という名の旅

長谷川きよし

基本情報

カタログNo
:
TOCT29004
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

1969年「別れのサンバ」でのデビューから43年余、現在も圧倒的な歌声と比類なきギタースタイルでLive活動を精力的に続けている長谷川きよし。アルバムのコンセプトは、今回長谷川きよし自身が訳詞をしたカヴァーも収録されている、アンリ・サルバドールの「人生という名の旅」というタイトルに集約されます。
福島在住の女性シンガーソングライター・長谷川孝水(たかみ)の歌詞に長谷川きよしが作曲した新曲「夜はやさし」を始め、「Over the rainbow」「Danny boy」「ミラボー橋」カヴァー、ロンドン/ケンブリッジ/パリ/トリアー(ドイツ)の4ヶ所で収録されたヨーロッパツアーでの貴重な弾き語り音源「別れのサンバ」「灰色の瞳」「愛の讃歌」「歩きつづけて」、さらにジルベール・ベコーのスタンダード曲「そして今は」のカヴァーも含む各地のLive音源5曲などを収録。

内容詳細

デビュー以来まったくぶれのない美しさで聴衆の心をつかんできた、長谷川きよしの記念すべき20作目。「Over the rainbow」や中原中也の詩に曲をつけた「月夜の浜辺」など、独自の解釈で披露。最近、多くの若者が彼の歌に感銘を受けているのも無理もない。歌の力を目の当たりにできる傑作だ。(結)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 これは素晴らしいですね。40年も前から...

投稿日:2013/01/12 (土)

 これは素晴らしいですね。40年も前から聴きもし知ってもいたのに、何故かLPもCDも買わなかったのは、自分も弱視というハンディを背負っているという意識から、あえて長谷川きよしという人との距離を置こうという無意識の選択をしてきたのでしょう。でももうこの歳になって、そういう肉体的な負の条件も自己意識のうちに同化したのかもしれません。このCDを聴いて、いままで人生を投げ捨てずにここまで来て、やはりよかったと想いました。ここに歌われている数々の曲に、この人の生き様の積み重ねを感じます。あと、録音についてですが、ヨーロッパ・ツアーのライブ・レコーディングでは、必ずしも電源事情や音響空間特性その他諸々の条件が厳しかったであろうと推察されますが、ライブならではの臨場感とレコーディング・クォリティーを絶妙なバランスで保たれていて、エンジニアの方その他スタッフの方たちにご苦労様そしてありがとうございましたと申し上げます。

1

関連するチケット

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品