CDシングル

骨 【初回限定盤】

銀杏BOYZ

基本情報

カタログNo
:
SKOOL041E
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CDシングル
その他
:
初回限定盤, 紙ジャケ
追加情報
:
2曲入りCDシングル、7インチ紙スリーブ仕様

商品説明

銀杏BOYZ 三ヶ月連続シングル 第二弾「骨」発売

2016年に発表したシングル「生きたい」で、「人間」「光」に続き、峯田は自らを断罪し、世に咆哮を捧げ、銀杏BOYZとしてロックの光と影の三部作を完結させた。

それから一年が経ち、新たなる三部作を7月から三ヶ月連続で発表していく。
第一弾シングル「エンジェルベイビー(7/26発売)」では、ストレートであり、ど真ん中な銀杏BOYZらしいポップな一面もみせていたが、今作「骨」では前作とは異なる銀杏BOYZの甘く淡い一面がふんだんに詰まった作品に仕上がった。

M1「骨」は、2016年に安藤裕子に楽曲提供した曲でもあり、峯田が弾き語りで演奏した同曲は、自身が主演を務めたNHK プレミアムドラマ「奇跡の人」のエンディングでも使用されており、今回のシングルでは、ついにバンドアレンジさせたものを収録している。

M2「円光」は、2005年にリリースしたファーストアルバム「DOOR」に収録されている「援助交際」のタイトルを変更した楽曲であり、2017年の今だからこそ表現できた仕上がりとなっている。
2005年の同曲と聴き比べて、アレンジの変化を楽しんでいただきたい。

今回のレコーディングには、銀杏BOYZのツアーでも演奏をしている岡山健二(classicus)がドラムで、加藤綾太(2)がギターで参加している。
ゲストミュージシャンとして前作「エンジェルベイビー」でも参加したUCARY VALENTINEがノイズを始めとしたプログラミングとコーラスで再び参加している。

第一弾シングルと同様に今作品の初回生産盤も、7インチサイズの紙スリーブ仕様での発売となる。


【楽曲クレジット】
1.骨
作詞、作曲 峯田和伸

サポートメンバー
山本幹宗:ギター
加藤綾太(2):ギター、コーラス 
藤原寛(AL):ベース、コーラス
岡山健二(classicus):ドラム、コーラス

ゲストミュージシャン
UCARY VALENTINE:キーボード


2.円光
作詞、作曲 峯田和伸

サポートメンバー
山本幹宗:ギター
加藤綾太(2):ギター、コーラス 
藤原寛(AL):ベース、コーラス
岡山健二(classicus):ドラム

ゲストミュージシャン
UCARY VALENTINE:プログラミング、コーラス


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

峯田和伸を中心とするロック・バンドの2017年3ヵ月連続シングルの第2弾。「骨」は、安藤裕子に提供した楽曲をバンド・アレンジで収録。「円光」は1stアルバム『DOOR』の「援助交際」のタイトルを変更した曲で、今だからこその表現が聴きもの。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 骨
  • 02. 円光

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するチケット

銀杏BOYZに関連する商品・チケット情報

パンク/ハードコア に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品