相続対策の基礎知識 生命保険活用編

鈴木和宏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784904336830
ISBN 10 : 4904336836
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
246p;19

内容詳細

相続税がかかる人の財産の大部分は不動産です。相続が発生し、「多額の相続税を払わなければならないが、現預金は少なく、不動産が遺産のほとんど」といったケースの納税資金の対策として、生命保険への加入が有効です。

目次 : 第1章 生命保険を賢く活用すると相続はここまで有利になる/ 第2章 生前贈与と生命保険を組み合わせる/ 第3章 保険の中でも相続対策に特に有効な「終身保険」/ 第4章 相続税のことで悩む相続人(子)が増えている/ 第5章 相続対策に「早すぎた」はない/ 第6章 生命保険絡みの相続トラブル集

【著者紹介】
鈴木和宏 : 税理士登録(昭和59年2月21日 No.53070)。昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年3月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月某百貨店の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査・決算・税務申告等に従事。昭和58年12月税理士試験に合格。昭和59年8月鈴木和宏税理士事務所開設。現在は税務業務をはじめ、キャッシュフローコーチ、経営計画策定支援、保険塾、飲食店成功支援の業務を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鈴木和宏

税理士登録(昭和59年2月21日 No.53070)。昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年03月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月(株)大丸百貨店(現(株)大丸松坂屋百貨店)の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品