金融政策の死 金利で見る世界と日本の経済

野口悠紀雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784532356231
ISBN 10 : 4532356237
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
270p;20

内容詳細

金利は、経済を理解する最強の武器である!
量的金融緩和は効果がなく、むしろ有害だ。日本の経済政策は誤った考えに立脚している。
金利を手がかりに経済問題の本質を解き明かし、通説の誤謬を突く!
1990年代以降、先進諸国に共通して見られる金利の低下は、何を意味するのか? 異常ともいえる日本の金利低下は、なぜ生じたのか? リーマンショック以降先進諸国が競って導入した大規模な金融緩和政策は、効果を発揮したか? 投機を助長しただけではないのか? 金利低下は、資本主義経済の行き詰まりを意味しているのか?
本書はまず、誤解が多い金利という概念の基礎を解説する。そして、金利を手がかりに世界と日本経済の変化を分析し、これらの経済が抱える諸問題を解き明かす。世界的な金融緩和が、世界のさまざまな国や地域でバブルを続発させていること、日本の金融緩和政策は実体経済を改善するのでなく、赤字財政を支える役割を果たしていること、今後、金利高騰の可能性があることなどを明らかにする。そして、現在の日本経済が直面している問題の解決には、マクロ政策では限界があり、経済構造そのものを変える政策が必要であることを主張する。

【著者紹介】
野口悠紀雄 : 1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書に、『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

野口悠紀雄

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省(現・財務省)入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教

プロフィール詳細へ

野口悠紀雄に関連する商品情報

  • 野口悠紀雄が解説する成功のための「コア」 「コア」に集中することで成功することができる。この「コア」に集中するためのノウハウを解説する『「超」集中法 成功するのは2割を制する人』。 HMV&BOOKS online|2015年9月4日(金)

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品