この商品に関連するタグ

もっと見る +

現場力を鍛える 「強い現場」をつくる7つの条件

遠藤功

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492531716
ISBN 10 : 4492531718
フォーマット
発行年月
2004年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
遠藤功 ,  
追加情報
:
20cm,199p

内容詳細

早稲田大学ビジネススクールの人気講座「現場学」の授業内容をもとに体系化。トヨタ、花王、アスクル、ドン・キホーテといった「強い現場」を持つ企業の実践的な「現場力」の鍛え方を伝授。

【著者紹介】
遠藤功 : 株式会社ローランド・ベルガー代表取締役COO。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科客員教授。早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現在は欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人代表取締役。グローバル戦略、リストラクチャリング、オペレーション戦略などの分野において、戦略策定のみならず実行支援を伴った「結果の出る」コンサルティングとして高い評価を得ている。早稲田大学ビジネススクールでは、経営戦略論、オペレーション戦略論を担当し、現場力の実践的研究を行っている。青山学院大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • susumu.n さん

    著名なコンサルタントである著者が戦略を実行する現場にフォーカスをあてた名著です。
    現場とは競争優位を狙った戦略を着実に継続し実践するだけではなく、軌道修正しトレードオフを同時に高次元で実現する組織と定義しています。

    読んだあとの個人的な感想は、『なぜ現場力か』『現場力とはなにか』の2点については著者の気持ちを含めよく理解が進みます。いっぽう『どのように現場力をあげるのか』という大命題については少し迫力不足かと感じますが以下の点で非常に参考になりました。

    ・5%の核人材→20%の分身→全員への拡がり
    →まずは20%の人へ改善魂を植え付ける

    ・否定への免疫力
    →否定に免疫がなければ改善などおぼつかない。まずは否定に対して肯定的に受け止めることが重要。

    明日からでも仕事に生かせそうです。

  • Shinichiro Iuchi さん

    この書籍を読んで改めて思ったのは、仕事の実行場所は全て現場であるということ。この現場の仕事の流れがどこかで滞ってしまうと、現場の力が弱まってしまうことを実際に働きながら感じるところだ。またトヨタや大会社からの実例が多かったが、今でも大会社として見事に続いている会社というのは、やはり現場の一人一人の意識が高いのだろうなと考えさせられたのは収穫。社員をこのような意識に持っていくためのヒントも随所に散りばめられているようだった。

  • Hisao Onishi さん

    6年前に同じ著者の『見える化』を興味深く読んだ。画期的なトヨタ生産方式(トヨタways)が当時注目され、その考え方、方法は、学校経営に活かせないものかと考え、来るべき日に備えて学んだ覚えがある。時を同じくして、第二弾としての本書が刊行されていることを知る。しかし、「現場を鍛える」ということが今一つイメージできずに、そのままになった。8年後、校長として学校経営も経験し、改めて手にしてみると10年前に初版されたはずの本書は、決して色あせることの無い内容に驚かされる。今でも通用する視点や方策が多々ある。例示されている企業は、若干その方向性、方策が怪しくなっているものもあるが、門外漢の教育畑、学校経営視点で視ると今も新鮮な使える手法が輝く。「同じ情熱を傾けられることを才能という」本書136ページに羽生善治の言葉を引用しているが、こうした意欲喚起の言葉と同時に「否定がなくなった現場は感受性が鈍り、やがて腐っていく」など、痛烈な指摘とそのための方法を提示し、ところどころに頷ける刺激が散りばめられている。過去を振り返らない、過去に未練を残さない(反省をしないとも言えるか・・・)、そんな生き方をメタ認知している自分としては、妙に腑に落ちる一冊なのである。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

遠藤功

ローランド・ベルガー日本法人会長。早稲田大学商学部卒業、米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現職。2016年3月、13年間教鞭を執った早稲田大学ビジネススクール教授を退任。株式会社良品計画社外取締役。ヤマハ発動機株式会社社外監査役。SOMP

プロフィール詳細へ

経済・ビジネス に関連する商品・チケット情報

  • “店長・マネジャーのための教科書” 決定版 「いつまで経っても人が足りない、育たない」と悩んでいる店長・マネジャー必携。大手7社・2.5万人に聞いた「現場の声」×経験・勘・度胸に頼らない「人材育成の理論」で見えてきた「ずっと忙しい!」を断ち切るヒントが満載。 ローチケHMV|2017年2月17日(金)
  • 誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。 未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方『ライフ・シフト』。目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。 ローチケHMV|2017年1月10日(火)
  • ふるさと納税No.1サイト女性社長の仕事術 低迷していた「ふるさと納税」を年間寄付額1000億円以上の巨大市場に成長させた女性起業家。その成功の秘訣は、30代にベンチャー企業で学んだ「考えぬく力」だった。 ローチケHMV|2016年6月6日(月)
  • 大ヒット中『嫌われる勇気』 フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話」という物語形式で紹介。人生を一変させる哲学問答。 ローチケHMV|2016年6月6日(月)
  • 40代を後悔しない50のリスト 人生最大の分かれ道は「時間の使い方」で決まる。いつも「時間がない!」と感じる両立世代のための自分らしい生き方・働き方を取り戻す50の具体策。 ローチケHMV|2016年6月6日(月)
  • なぜ、あなたの仕事は終わらないのか 「ドラッグ&ドロップ」や「ダブルクリック」などを現在の形にしたことで知られる、元マイクロソフト伝説のプログラマーが初めて教える超速時間術。 ローチケHMV|2016年6月6日(月)

おすすめの商品