点線のスリル 中公文庫

軒上泊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122060555
ISBN 10 : 4122060559
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
258p;16

内容詳細

二歳のぼくを捨てたのは、親なのか誘拐犯なのか?中学卒業を前に一人の少年が「自分は何者なのか」という人生最大の謎に足を踏み入れ、点線の道を歩んでいく…。

【著者紹介】
軒上泊 : 兵庫県生まれ。1977年に少年院で法務教官を務めた体験をもとに書き上げた「九月の町」(後に『サード』と改題)でオール讀物新人賞を受賞し鮮烈にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

軒上泊

兵庫県生まれ。1977年に少年院で法務教官を務めた体験をもとに書き上げた「九月の町」(後に『サード』と改題)でオール讀物新人賞を受賞し鮮烈にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品