暗号名は「金沢」 十津川警部「幻の歴史」に挑む

西村京太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103344308
ISBN 10 : 410334430X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
168p;18

内容詳細

太平洋戦争末期、連合国が発表したポツダム宣言を前に、日本政府中枢は真っ二つに割れていた。受諾降伏か徹底抗戦か。そこに飛び交う謎の暗号名「カナザワ」。この暗号が解明された時、歴史を一変させる予想外の事態が。七十年前の戦争と現代を繋ぐ巨大な謀略に、十津川警部が単身挑む。新機軸の長編歴史トラベルミステリー。

【著者紹介】
西村京太郎 : 1930年東京に生れる。’63年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、’81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2005年に日本ミステリー文学大賞、’10年長谷川伸賞を受賞した。精力的な活躍をつづける、トラベルミステリーの第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西村京太郎

長崎路面電車の取材で、当地が日本鉄道発祥の地であることを知った時、数多くの鉄道を題材にしてきた著者の創作意欲はなお高まった。昭和38年「歪んだ朝」で第二回オール讀物推理小説新人賞、40年『天使の傷痕』で第十一回江戸川乱歩賞、56年に『終着駅殺人事件』で第三十四回日本推理作家協会賞を受賞。平成16年に

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品