『ヒュースケン日本日記』に出会ってから、 ROOTS MUSIC叢書

西岡たかし(Book)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784881699539
ISBN 10 : 4881699539
フォーマット
出版社
発行年月
2002年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,157p

内容詳細

幕末期、開国のために奔走したハリスの通訳を務めた、オランダ人青年・ヒュースケンの日本滞在記との出会いに始まった、西岡読書のレポート。幕末日本の歴史を、著者独自の鋭い視点が捉える。

【著者紹介】
西岡たかし : 1944年大阪生まれ。幼いころから兄たちの影響でジャズをはじめさまざまなジャンルの音楽に親しむ。画家志望でデザインの仕事をしていた’66年中川イサト、藤原秀子らに出会い、’67年「五つの赤い風船」を結成。’72年の解散までに「遠い世界に」「血まみれの鳩」「まぼろしのつばさと共に」など数々のヒット曲を生み出し、当時の若者たちに絶大な支持を得た。グループ解散後はソロ活動で数多くのアルバム発表。’92年にはCD‐BOOK『YAH!DIALOGUE2239』を出版。新たに文筆という領域を広げた。2000年には「五つの赤い風船」を再結成し「2000」「その先の言葉」の2枚のアルバムを発表。全国各地でのコンサート活動も展開中。今年10月には、「ヒュースケン」を題材にした「瞳の青年」ほか11曲書き下ろしのソロアルバム「瞳の青年西岡たかしwith piano」を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品