日本会議の研究 扶桑社新書

菅野完

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594074760
ISBN 10 : 4594074766
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
302p;18

内容詳細

2017年1月6日(金)以降のご注文分につきましては、裁判所より削除を求められた第六章(289頁)の36字を抹消した【修正版】となります。
何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。


安倍政権の背後にいるとされる保守系団体、「日本会議」の真実

安倍政権における閣僚のほとんどが所属している「日本会議」。
「日本会議」は誰のために何をなそうとしているのか? 日本改憲勢力の真実の姿とは?

目次 : 第1章 日本会議とは何か/ 第2章 歴史/ 第3章 憲法/ 第4章 草の根/ 第5章 「一群の人々」/ 第6章 淵源

【著者紹介】
菅野完 : 著述家。1974年、奈良県生まれ。一般企業のサラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を開始。退職後の2015年より主に政治分野の記事を雑誌やオンラインメディアに提供する活動を本格させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • ブクロ さん

    右とか左関係無しに、色々な方面からの知識を入れておきたいと思って購入。

    最近、メディアでも取り上げられることもある日本会議について詳しく書かれています。ただ、作者の経歴をある程度斟酌して読む必要があるかもしれませんが、それでも詳細な調査に基いて日本会議の源流から現在までの流れを著していると思いました。

  • Masashi Kawada さん

    【真実は隠れたものではなく公開された情報の中にある。安倍政権を裏から支える日本会議の正体に迫る作品】
    出版差し止めの判決を機に駆け込みで購入したベストセラー、話題の書。
    阿倍政権を支えているという日本会議。その正体を探っていく研究である。生長の家の政治運動にその淵源。公開されている多くの情報、新聞や雑誌の記事などから日本会議をそして時の政権をも動かす黒幕を辿る。
    改憲の先にある姿、本書を機に良く考えなくてはと思う。
    真実は案外とすぐに手に届く所にある。裁判があるからこそ逆に本書は真実に迫っているのだろう。
    特定の宗教団体に依存こそしないが日本会議の持つ圧倒的な動員力。政治家には麻薬のような存在なのだろう。
    本書は、日本人全体が右翼化したのではなく、政治家が右傾化したという。国家斉唱や安易なリべラル揶揄を戒める。
    隠謀史感は信じないが、現在進行形であるこの事象、強く注目していきたい。
    鮮度が落ちる前に読むことをオススメします。

  • Isao Masuda さん

    この本を読んだとき、「秘密情報の95〜98パーセントは公開情報の中にある」という佐藤優の言葉を思い出しました。
    この本は過去の出版物など公開情報などから、日本会議の本質に迫るもので、調査報道の本質を見せてくれます。本書の主張を別にすれば、世の中に数ある一般の公開情報から、それらの断片的な情報を組み合わせることによって、新たな本質的な情報を紐解いていくところが、この本の真髄です。

    そして、本の主張として、右翼が右翼をバッシングしていて、読んでいて痛快です。日本会議の主な主張は憲法改正を別にすると、「歴史認識」「夫婦別姓反対」「従軍慰安婦」「反ジェンダーフリー」の4点に集中しているのですが、女性やLGBTの活躍を期待するのであれば、「夫婦別姓反対」「反ジェンダーフリー」を主張するのはおかしいと私自身思っています。

    しかし、この本を読み終わった直後、名誉毀損による出版差し止め判決が出てしまいました、残念ですね。名誉毀損箇所も6箇所のうち1箇所で、日本会議のメンバーとその周辺団体、現政権との関係性については、なんら訂正が入っていないことを考えると、本に書いていある内容は事実であることを証明してしまっています。
    彼らがいう関係者当人への取材もなしに出版したと言っても、取材拒否にあってしまえばそうせざる得ないでしょうに。

    削除箇所はこの本の本筋にほとんど影響のない箇所のようなので、早々に訂正され再販されることを望みます。
    本の主張は別にして、読み物として秀逸な本です。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

菅野完

1974年生まれ。文筆家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • ジェーン・スーAERA人気連載書籍化 「未婚のプロ」から生活応援大使まで幅広くこなすスー・パイセンの、鋭い洞察力と軽妙痛快に「自分へのご褒美&投資」記録を綴ったスー・パイセンの新刊「今夜もカネで解決だ」。 ローチケHMV|1日前
  • 川口俊和「この嘘がばれないうちに」 愛する人を想う気持ちが生み出した、不器用でやさしい4つの「嘘」−45万部を突破した『コーヒーが冷めないうちに』の7年後を描く、期待の新刊。 ローチケHMV|1日前
  • 池井戸 潤「アキラとあきら」 いきなり文庫で登場! 2006年から2009年に徳間書店発行の月刊小説誌で連載されていた池井戸潤「「アキラとあきら」が書き下ろし文庫で5/31発売。 ローチケHMV|1日前
  • 又吉直樹、注目の第二作「劇場」 「新潮」4月号に掲載され話題を呼んだ「劇場」がついに5/11に発売決定! ローチケHMV|1日前
  • 湊かなえ 「リバース」 『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集し、4月ドラマ化!湊かなえサスペンスワールド「リバース」。 ローチケHMV|6日前
  • この爺ちゃん、ただものではない!? 大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。中山七里「秋山善吉工務店」 ローチケHMV|6日前

おすすめの商品