RDG レッドデータガール はじめてのお使い 角川文庫

荻原規子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784043944408
ISBN 10 : 4043944403
フォーマット
出版社
発行年月
2011年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,298p

内容詳細

現代ファンタジーの最高傑作! 荻原規子の大人気作品、ついに文庫化!

世界遺産の熊野、玉倉山の神社で泉水子は学校と家の往復だけで育つ。しかし、高校は幼なじみの深行と東京の鳳城学園への入学を決められ、修学旅行先の東京で姫神という謎の存在が現れる。現代ファンタジー最高傑作!

【著者紹介】
荻原規子 : 東京生まれ。早稲田大学卒。『空色勾玉』(福武書店)でデビュー。その後、『白鳥異伝』『薄紅天女』(徳間書店)で「勾玉三部作」を構成する。以来、ファンタジー作家として活躍。2006年、『風神秘抄』(徳間書店)で、第53回産経児童出版文化賞・JR賞、第46回日本児童文学者協会賞、第55回小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • があ@大阪 さん

    酒井絢子さんのカバーイラストが気になって、以前からブックマークしていた作品。
    文庫版が販売されているのを見つけて衝動買いして読んでみました。

    熊野古道の山深い場所に建つ玉倉神社に住む泉水子。
    引っ込み思案で、なぜか機械に触ると機械を狂わせてしまう体質をもっている中学三年生ですが、本人も思い知らない強い"力"を持っている……

    "現代ファンタジーの最高傑作"と煽られているので、期待していたのですが……ちょっと肌に合いませんでした。
    引っ込み思案な女子中学生、生意気な山伏の幼なじみの男の子、力をもった美男のおじさん、娘を守るために離れてくらす公安に勤める母親、本人も気付いていない不思議な力。
    ……うーーん、やっぱり児童書に分類されることもあって、一つ一つの設定や言い回しが過剰に盛りつけられすぎていて、どうにも乗り切れませんでした。

  • Ryu Okuda さん

    暫く前から書店で見かけて気になって買ってみた本。設定は壮大そうだけど序章だけで終わった感じ。続きを読もうか微妙なところ。。

  • ちぃの さん

    電車酔いも気にせず、一気に読み切りました!

    中3になった泉水子に、事件という家柄に縛られず、普通の女の子になりたい、という気持ちが芽生える。

    ところが、その気持ちを行動に移せば移すほど、泉水子の周辺では、奇怪な事件が勃発するのだ。

    果たして、泉水子は、普通の女の子になれるのか。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荻原規子

東京に生まれる。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。2006年『風神秘抄』(徳間書店)で、産経児童出版文化賞・JR賞、日本児童文学者協会賞、小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品