この商品に関連するタグ

モリオ

荻上直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334927226
ISBN 10 : 433492722X
フォーマット
発行年月
2010年08月
日本
追加情報
:
167p;20

商品説明

収録は中編2作。荻上監督初の小説集。・「モリオ」――単調な会社生活を送る青年モリオは、母愛用の足踏みミシンを形見として譲り受ける。モリオは思い出した。ミシンの下に隠れるのが好きだったこと、母が大好きだったこと、そして姉のために母が作ったワンピースを着たかったこと。ある日、モリオは自分が着たかった花柄のスカートを縫い始める。・「エウとシャチョウ」 末期癌の猫シャチョウを飼う女医ヨーコさんと同棲することになった「僕」。日々、シャチョウの面倒を見ているうちに、才能などなにもないと思っていた自分に、「猫に信頼され心を通わせる」力があることに気がつく。両作品とも、映画同様、透明感に溢れた荻上ワールドのなかで、傷ついた者たちの再生の過程をユーモラスに、優しく描く。

内容詳細

「モリオ」―青年モリオは、母の形見の足踏みミシンを前に思い出していた。子供のころミシンの下に隠れるのが好きだったこと、ミシンを踏む母が大好きだったこと、そして姉のために母が作った花柄のスカートを穿きたかったことを…。「エウとシャチョウ」―末期癌の猫シャチョウを飼う女医ヨーコと同棲することになった「僕」。日々、シャチョウの面倒を見ているうちに、才能など何も無いと思っていた自分に、「猫と心を通わせる力」があることに気がつく…。

【著者紹介】
荻上直子 : 1972年生まれ。映画監督。千葉県出身。千葉大学工学部画像工学科卒業。1994年に渡米、南カリフォルニア大学大学院映画学科で映画製作を学ぶ。2000年帰国。『バーバー吉野』(2003年)でベルリン映画祭児童映画部門特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荻上直子

長編劇場デビュー作『バーバー吉野』(03)でベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受賞。『かもめ食堂』(06)の大ヒットにより、日本映画の新しいジャンルを築く。『めがね』(07)は、海外の映画祭でも注目を集め、08年サンダンスフィルム映画祭、香港映画祭、サンフランシスコ映画祭などに出品され、ベルリン

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド