命の響 左手のピアニスト、生きる勇気をくれる23の言葉

舘野泉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087815733
ISBN 10 : 4087815730
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
追加情報
:
271p;20

内容詳細

世界が認める奇跡のピアニストが贈る
23の優しい言葉と心に沁みるエピソード。
生きる喜びと勇気がわいてくる。

78歳にして現役のピアニスト舘野泉氏。左手のピアニストになるまでの経緯や彼の生きる喜びを、印象的な23の言葉とエピソードに託して展開する。
障がいを克服して新たな音楽の道を開いただけでなく、78歳でも現役の演奏家として続けてこられたコツが語られ、高齢になってより人生が充実していくことに共感する読者も多いことだろう。
日本を代表するピアニストで、早くから海外で評価を受け、フィンランドでは英雄的な存在でもある。そんな舘野氏が脳溢血で舞台上で倒れたのが64歳。演奏家生命は絶たれたと思われた。しかし、2年後、脅威の精神力とリハビリで、再び舞台に復帰。まさに生きる奇跡といえる存在だ。
震災にあった南相馬市へ支援、「舘野泉 左手の文庫」基金の設立など社会的な貢献も注目されている。彼が多くの作曲家に委嘱して数々の「左手の音楽」が生まれ、多くの感動を生んでいる。彼の生きる指針、豊かな感性、おおらかな人柄を紹介する。

<目次>
●第一章 六七歳 「左手のピアニスト」としての再出発
●第二章 ハンデに妥協せず音楽の本質を追求しつづける
●第三章 音楽は生きる喜び 人と人をつなぐ

<内容より 舘野泉氏の言葉>

できるか、できないかは考えない
やりたいか、やりたくないか
やりたいと思ったら
もう駆け出している

あれができない
これができない、と
落ち込むのはもったいない
積み重ねてきたものは
何があっても奪われない

「誰かのため」は
「自分のため」より頑張れる

(著者プロフィール)
舘野 泉(Tateno Izumi)
1936年東京生まれ。1960年東京藝術大学首席卒業。64年よりヘルシンキ在住。68年メシアン・コンクール第2位。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。2002年脳出血により右半身不随となるも、2004年「左手のピアニスト」として復帰。シベリウス・メダル(2006年)、旭日小綬章受章(2008年)、東燃ゼネラル音楽賞本賞(2012)ほか受賞歴多数。2006年左手作品の充実を図るために「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。2012年〜2013年に左手ピアノ音楽の集大成「舘野泉フェスティヴァル〜左手の音楽祭」を開催。2014年ベルリン・フィルハーモニー・カンマームジークザールでリサイタルを行う。南相馬市民文化会館(福島県)名誉館長、日本シベリウス協会会長、日本セヴラック協会顧問、サン・フェリクス=ロウラゲ(ラングドック)名誉市民。

【著者紹介】
舘野泉 : 1936年東京生まれ。1960年東京藝術大学首席卒業。1964年よりヘルシンキ在住。1968年メシアン現代音楽国際コンクール第2位。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。2002年脳溢血により右半身不随となるも、2004年「左手のピアニスト」として復帰。シベリウス・メダル(2006年)、旭日小綬章受章(2008年)、東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞(2012年)ほか受賞歴多数。2006年左手作品の充実を図るために「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。南相馬市民文化会館(福島県)名誉館長、日本シベリウス協会会長、日本セヴラック協会顧問、サン=フェリクス=ロウラゲ(ラングドック)名誉市民(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

舘野泉

ピアニスト。1936年11月10日、東京生まれ。東京藝術大学卒。1964年よりフィンランド・ヘルシンキ在住。2002年1月、リサイタル中に脳溢血で倒れるが、2004年に復帰。左手の楽曲を充実させるための募金「舘野泉 左手の文庫」を発足。80歳を超える今も、国内外で年間50近いリサイタルを行う(本デー

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

  • 『舞台男子 the real』発売記念 写真展&イベント開催 杉江大志、崎山つばさ、太田基裕、富田翔、多和田秀弥、木村達成のロングインタビューに未公開カットを追加した「舞台男子」書籍化第三弾の発売を記念し、HMV&BOOKS SHIBUYA にて写真展とイベントを開催。 HMV&BOOKS online|5時間前
  • 生駒里奈 乃木坂46での6年半を振り返る 卒業にあたってのラストメッセージと多数の撮りおろし写真を掲載。『日経エンタテインメント!』連載を通し、グループでの活動を振り返るとともに、彼女の視点を通して乃木坂46がグループとして成長していく歩みがわかる1冊。 HMV&BOOKS online|7時間前
  • 【オリジナル特典】鈴木拡樹が表紙に登場『W! VOL.18』 『W! VOL.18』表紙・巻頭SPECIALに鈴木拡樹が登場。【HMV限定カバーバージョン】の特典として、巻末SPECIALを飾る太田基裕の「三つ折りポスター」をプレゼント。 HMV&BOOKS online|9時間前
  • 「ブレードランナー2049」大判公式ビジュアルブック 1982年に製作されたSF映画の金字塔「ブレードランナー」から35年を経て制作された「ブレードランナー2049」の全篇を詳細に解説。未公開のスチール、ストーリーボード、スケッチが満載のファン必携のビジュアルブック。 HMV&BOOKS online|9時間前
  • 宇多田ヒカルの「SWITCH」とは 自らのクリエイションで人々を感動させている表現者たちは、どのようにして現在の自分の表現や生き方に辿り着いたのか。『SWITCH Vol.36 No.5』の特集は「宇多田ヒカル WHERE IS YOUR SWITCH?」 HMV&BOOKS online|1日前
  • 川栄李奈『Quick Japan vol.137』で表紙・40ページ特集 表紙・巻頭特集を飾るのは次期CM女王との呼び声も高い女優・川栄李奈。40ページ特集で彼女の魅力を明らかに。第2特集はこの春ドラマ初主演に挑む俳優・坂口健太郎。 HMV&BOOKS online|1日前

おすすめの商品